【FEFF】映画祭3日目、ヨーロッパ評価は『シーサイドモーテル』>『大奥』?

『大奥』は男女逆転という設定に興味を持った観客が多かったようだ
  • 『大奥』は男女逆転という設定に興味を持った観客が多かったようだ

開催3日目を迎えたファー・イースト・フィルム・フェスティバル。日本の作品から『大奥』(10)、『シーサイドモーテル』(10)が上映された。

『大奥』については、「面白かった」という人あり、反対に「(つまらなくて)長すぎる。」という人あり、反応は様々だった。ただ、いずれにせよ男女の社会的立場が逆転するという設定には、興味を感じた人が多かったようだ。上演時間は116分と2時間を少し切る程度であるが、上映時間が1時間半程度とやや短めの他国の作品に対し、ほぼ2時間かそれ以上の日本の作品は、やや長めに感じられるのかもしれない。

『シーサイドモーテル』は4つの様々な奇妙な人間ドラマが織りなすコミカルなストーリーで、かなり面白い。その内面の悪の部分を強烈なキャラクターの中に隠してあったり、よく練り上げられた脚本から生まれるはちゃめちゃなストーリー展開は、この作品のみならず、日本のコメディ作品にしばしば見られる手法であり、得意とするところだろう。

そのほか、『Under the Hawthorn tree』(邦題『サンザシの樹の下で』、日本公開7月9日)はチャン・イーモウ監督が描く、中国の実話に基づくロマンチックなラブストーリーだ。時は1970年代の文化大革命、現在の自由な社会からは想像できない時代の男女の純愛を描いた作品だ。内容としては涙のシーンが多く、少々表現が大袈裟でメロドラマチックすぎる部分もあったが、青年期の純愛が、優しく穏やかな登場人物により展開されている。今年の作品を見ていると、中国の映画の品質は着実に向上してきているようだ。

『Haunters』(『超能力者』)は韓国の『X-MEN』(00)ばりのアクションムービーで、アジアというよりはハリウッド映画の色が濃い。カン・ドンウォンとコ・スが出演し、本国では大ヒットしたそうだ。今年はあらゆるジャンルからバランス良く出品されている印象を受けた。

明日5月2日(月)の映画祭4日目は、『告白』(10)、『雷桜』(10)が上映される予定だ。【現地取材:Marco Sottile/翻訳・編集:真野香理】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報