韓国版「イタキス」キャストのキム・ヒョンジュン、チョン・ソミンが日本上陸!!

ドラマ「イタズラなKiss」のキャスト来日記者会見に出席したキム・ヒョンジュン(同右)、チョン・ソミン(同左)
  • ドラマ「イタズラなKiss」のキャスト来日記者会見に出席したキム・ヒョンジュン(同右)、チョン・ソミン(同左)

韓国ドラマ「イタズラなKiss~Playful Kiss」がフジテレビ、BSフジ、DATVで放送されることを記念したキャスト来日記者会見が5月4日、都内で行われ、会場には主演のキム・ヒョンジュン、チョン・ソミンが登壇した。

同作は、'99年に急逝した漫画家・多田かおる氏の未完の名作「イタズラなKiss」('90~'99年)が原作。IQ200のクールな高校生・スンジョ(ヒョンジュン)と、何度玉砕しても彼を一途に思い続ける女子高生・ハニ(ソミン)を中心に繰り広げられる恋愛模様を描く。'10年に韓国で放送された同作は、全16回の放送終了後に、動画投稿サイト・YouTubeで番外編を独占配信。公開1日で36万以上の再生回数を記録し、同サイトのエンタテインメント分野で最大コメント数を記録するなど、ネット社会の韓国ならではの反響を見せた。

主演を演じたヒョンジュンは「このドラマの話をいただいた1年前に、“この役は今しかできない”と思いました。現在の僕だったら、無理だろうなと思います。1年前のあの時期にあの年齢の僕ができる最後のキャラクターではないかと考え、ペク・スンジョという役をやってみたいと思いました。ただ、この作品は僕にとって「花より男子~Boys Over Flowers」に引き続いて、制服を着る役だったんですが、実際の僕は高校生ではないので、“高校生にしては、髭が濃いよな…”と、髭を気にしながら撮影していました(笑)」と撮影時の心境を語った。

また、司会者から毎回さまざまな形に変化するハニのヘアスタイルを称賛され、ソミンは「私も実年齢は20歳を超えているので、少しでも高校生に近づけるように、髪形に変化をつけるということをやってみました。ただ、毎回髪型を作るのがとても大変だったんで、“他のところにポイントを置けばよかったかな”と思ったこともありました。いろんなシーンを混ぜて撮影する日などは、1日に5、6回髪型を変える必要があったので、私のヘアセットを待っていた監督さんにしかられたこともありましたね(笑)」と髪型へのこだわりが、逆に自身を苦しめる結果となったことを明かした。

また、東日本大震災の影響で開催が検討中だった同作のプレミアムトーク&ライブの東京公演が8月2日(火)に東京・国際フォーラムで行われることが決定。それを受けたヒョンジュンは「8月にお会いできるまで、皆さんがずっと笑顔を絶やさずにいることができて、当日、明るい姿でお目にかかれればうれしいです」と意気込み、続けてソミンも「8月にお会いするころには、今よりも状況が落ち着いて、皆さんの元気な姿を見られたら良いなと思います」と被災者を気遣いながらも、イベントを心待ちにする思いを語った。

韓国ドラマ「イタズラなKiss~Playful Kiss」
フジテレビ(関東ローカル)は5月10日(火)スタート
毎週月~金 昼3:00~3:57 フジテレビ系 韓流αで放送予定
BSフジは6月7日(火)スタート
毎週火曜 夜7:00~7:55 BSフジで放送予定
DATVは5月16日(月)スタート
毎週月曜 夜9:00~10:00 DATVで放送予定

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報