『毎日かあさん』台湾、香港で上映決定!香港の興行収入の一部は震災義援金に

台湾では計17館で上映される『元氣媽媽』
  • 台湾では計17館で上映される『元氣媽媽』

西原理恵子の自伝的ベストセラーコミックを、小泉今日子と永瀬正敏が夫婦役で共演、実写映画化した『毎日かあさん』(11)が中国語字幕で、5月より台湾と香港で上映がされることが決まった。

本作は、『かぞくのひけつ』(07)で日本映画監督協会新人賞を受賞した小林聖太郎監督が、仕事と育児に奮闘するマンガ家のサイバラと、アルコール依存症の夫カモシダの離婚、復縁、カモシダの死までを描く。

台湾では5月13日(金)、台北、台中、高雄など中心に計17館で公開される。日本でテレビ東京系で放送されているテレビアニメシリーズも台湾では放送されており、タイトルはアニメと同じ『元氣媽媽』(媽媽は中国語の「母」)となる。

香港では5月12日(木)より、Broadway Cinemathequeでの公開となる。タイトルは『毎日媽媽』となり、テレビアニメシリーズも、TVB(地上波放送局)にて同タイトルでの放送が5月7日(土)より決まっている。

また、いずれの現地ポスターにも東日本大震災への支援メッセージが記されており、香港では一週目興行収入の全額が香港救世軍を通じて東日本大震災復興費用として寄付される。5月13日(金)の台湾公開では、原作者の西原理恵子が現地でプロモーションイベントに参加することも決定し、台湾のお母さんたちとの交流会などを予定している。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報