浅野忠信、本場のレッドカーペット初体験に「頑張ってきた結果がここに至るんだと感無量」

『マイティ・ソー』のLAプレミアに主演のクリス・ヘムズワースと出席した浅野忠信(左)
  • 『マイティ・ソー』のLAプレミアに主演のクリス・ヘムズワースと出席した浅野忠信(左)

『アイアンマン』シリーズ、『スパイダーマン』シリーズなどを生み出してきたマーベル・スタジオ初の3D作品『マイティ・ソー』(7月2日公開)のLAプレミアが現地時間5月2日、アカデミー賞が行われるコダック・シアター真向かいにあるエル・カピタンで行われた。

先行して行われたレッドカーペットには、世界各地から集まったマスコミは50台のテレビクルーをはじめとする200人、スターを一目見ようと集まった一般観客は1000人にも及んだ。全長400mのレッドカーペットには3mもある主人公ソーが被る金色の冠のオブジェもディスプレイされ、華やかな雰囲気のなか、本作のスタッフ、キャストが登場。ハリウッドデビューとなる浅野忠信は、本場のレッドカーペット初体験となった。

映画の聖地であるハリウッドの中心に立った浅野の第一声は「こんな華やかな所に来られて嬉しい、今まで頑張ってきた結果がここに至るんだなあと思うと、感無量です」と喜びの声を上げた。ソーのガーディアンである三銃士の一人、ホーガンを演じる浅野は、本作について「自分が出ていることを抜きにしても、ヒーローがメチャメチャ強いです。男心をくすぐる作品です」と紹介し、3D作品初出演にも興奮しているようだ。その浅野の起用理由をケネス・ブラナー監督は「彼はホーガンという役に冷酷さ、戦士らしさ、知性をもたらすことができたし、技術、映画俳優としての存在感、カリスマ性もそろっているんだ。クローズアップで撮っても映えるしね」と評価している。

ハリウッドへのチャレンジに浅野は「良いスタートになりました。場の空気感を感じられたことが財産だと思います。このチャンスを駄目にしないようステップアップしたいです」と、さらなる飛躍を誓った。

この日はゲストセレブとしてコリン・ファレルらもレッドカーペットに登場。ケネス・ブラナー監督や主演のクリス・ヘムズワース、共演のアンソニー・ホプキンスらと、浅野は初夏を思わせる暖かなLAで全米公開直前のプロモーションを務めた。本作は先行公開された56ヶ国で、先週末だけで8300万ドルの興収を上げ、海外の興行チャートで堂々1位を獲得しているほか、全米の映画興行予想サイトでは“今年初の2億ドル越え確実”と言われており、大きな期待が寄せられている。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報