小栗旬、もじゃもじゃヘアで『岳』の舞台挨拶「命懸けで作った作品!」

『岳 ガク』の初日舞台挨拶に登壇した小栗旬と長澤まさみ
  • 『岳 ガク』の初日舞台挨拶に登壇した小栗旬と長澤まさみ

小学館漫画大賞を受賞した石塚真一のベストセラーコミック「岳 みんなの山」を、小栗旬、長澤まさみを迎えて映画化した『岳 ガク』の初日舞台挨拶が、5月7日にTOHOシネマズ日劇2で開催。小栗、長澤、佐々木蔵之介、石田卓也、渡部篤郎、片山修監督が登壇した。小栗は、もじゃもじゃパーマヘア&メガネ姿で登場し「でかいスクリーンで見てほしい山の映画が出来上がったと思います」と力強く語った。

『岳 ガク』の舞台は、雄大な北アルプス山系。ここで、山を愛する山岳救助ボランティア・島崎三歩(小栗旬)や、椎名久美(長澤まさみ)ら山岳遭難救助隊が、命懸けで遭難した登山者たちを救助していく。小栗は、高所恐怖症を克服して、島崎三歩役を熱演した。

小栗は「山や室内のクライミング場で登ったりしていました。林間学校か遠足以来の登山でした」と、トレーニングについて振り返った。「撮影は大勢で、機材も運んで入るので、すごい危険な場所にはめったに行かないけど、トレーニングの時は、過酷なことも知っておいたほうがいいということで、危険な所や怖い所にも行きました」。長澤は「山に登るのは初めての経験で、自分も山を知っていく中で、久美と一緒に成長していけました」と語った。

映画では『ロボコン』(03)以来、久しぶりの共演となった小栗と長澤。小栗は、劇中で軽装で出かけてケガをした登山者を救助するシーンでの長澤について「あの日のまさみちゃん、本当に怖かったよね。石田くんとふたりで怖いなって。すごいプリプリしてました」と激白すると、石田も「僕も(あんな表情を)初めて見ましたよ」と苦笑い。怒っていた理由を尋ねられた長澤は、久美さながらに「軽装で登ってくるのが悪いんです」と笑顔でコメントし、会場は大爆笑。他にも山岳遭難救助隊の隊長役の佐々木が小栗について「どんどん山猿になっていくんです(笑)。役を作り込んでて、さすがでした」とねぎらったり、レスキューのパイロット役の渡部篤郎は役作りで「日焼けサロンへ行って色を黒くしました」とコメントしたりして、終始なごやかな笑いに包まれた舞台挨拶となった。

本作の見どころについては、片山監督が「山もそうですが、そこに出てくる人間ドラマが見どころです。人間の心と心の通い合いですね」と熱くアピール。そして、小栗も最後に真摯な表情でこう締めくくった。「3、4ヶ月、スタッフやキャスト共々、命懸けで作った作品だったので、ちゃんと自分たちが山に向き合ったことを見てもらえると思うし、生きる勇気が伝わっていくんじゃないかと思ってます。僕らができることって、すごいことではないですが、こういう作品を見てもらい、もっと生きる勇気やパワーが広がってくれたらと」。

山の美しさや雄々しさだけではなく、人間の強さ、そして命の尊さも力強く訴えかける感動作『岳 ガク』。小栗たちが体を張って体現したドラマティックな人間ドラマは、今見るからこそ、一層胸が熱くなる。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報