ファンが一番聴きたかった曲は? w-inds.が10周年記念武道館公演

w-inds.が日本武道館でデビュー10周年記念ライブを敢行。ヒット曲やソロコーナー含め全18曲を披露した
  • w-inds.が日本武道館でデビュー10周年記念ライブを敢行。ヒット曲やソロコーナー含め全18曲を披露した

4月28日、東京・日本武道館にてダンス&ボーカルユニットw-inds.が、デビュー10周年記念公演を行った。当初は、3月14日のデビュー記念日に開催予定だったが、東日本大震災の影響で延期に。アリーナのセンターにステージを設置し、1万3000人を動員したこの日のライブは、節電対策として電源車2台を使用し、照明もLEDに変更。前方からはもちろん横、後ろからも常にファンからの視線を浴びながら歌やダンスを披露することに最初は緊張や戸惑いを見せていたものの、トーク中にはステージを一周しながら全方向の客席の表情や声に向き合い、ファンとのコミュニケーションを楽しんでいた。ヒットシングルはもちろん、ファンから募ったリクエストで1位に輝いた10thシングル「Long Road」や、初期のアルバムからのレアなナンバー、3人それぞれの個性を生かしたソロコーナー、と盛りだくさんの内容で全18曲を披露。懐かしい映像もふんだんに盛り込まれ、彼らの軌跡と成長が感じられるステージに、客席は終始大興奮だった。

MCで緒方龍一は、公演が延期になったことと、本公演の収益の一部が義援金として寄付されることを説明し、「きょうの武道館のライブの日が来るのを本当に楽しみにしていました。皆さん来てくれて本当にありがとう。w-inds.と一緒に10周年を祝ってくれますか? 皆さん!」と感慨深い表情であいさつ。続いて橘慶太が「この10年間たくさんの出来事があって、これからも月日が流れ、みんなもいろんな人と出会っていろんな人と別れがあって、さまざまな思いをしていくと思いますが、今ここにいる思い出と、僕らは一つだという思いを胸にこれからも一緒に成長していきたいと思います。感謝の言葉が“ありがとう”しかないのが歯がゆい」と語ると、千葉涼平も「伝えたいけど、ありがとうしか言えないよね」と同意。さらに「歌って、踊って、みんなに伝えることしかできないから。またこうやってみんなと一緒に楽しめたらうれしいな。つらいこともいっぱいあるだろうし、もちろん楽しいこともある。でもほんとに負けないで。一緒にw-inds.の音楽を聴いて。僕らもいっぱい歌と踊りを届けるから。本当に負けないで頑張っていこうよ」と力強いメッセージを。また、au、Ustream、ニコニコ動画による動画配信が行われており、慶太は「10年前こんなところに立てると思ってなかったし、10年後の僕らの姿を想像していなかったし、でも10年後の今、ここに置いてくれたのは皆さんのおかげだと思っています。ありきたりなんですけど、本当にありがとうございます」と、深々とお辞儀をして会場と画面の前で見守るファンに向けて感謝の言葉を述べた。

なお、6月22日(水)には、デビュー10周年を記念して今までのシングル、アルバムからの人気楽曲、さらに未発表音源をDance-Best/Pop-Bestとそれぞれジャンル分けにしたベストアルバムをリリースする。

アルバム『w-inds. 10th Anniversary Best Album』
6月22日(水)発売

『Dance-Best』
【初回盤(2CD+DVD)】3800円
【通常盤(2CD)】3000円

『Pop-Best』
【初回盤(2CD+DVD)】3800円 
【通常盤(2CD)】3000円

ポニーキャニオン

キーワード

[PR] おすすめ情報