岩手県各地で開催!世界初『きかんしゃトーマス』ライブ吹替上映会に戸田恵子が登場

『きかんしゃトーマス』と『テディとアニー』のライブ吹替を行った戸田恵子
  • 『きかんしゃトーマス』と『テディとアニー』のライブ吹替を行った戸田恵子

東北応援上映会 こどもアニメキャラバンがGW期間中に岩手県各地にて行われた。同上映会は、日本唯一の子供たちの世界映画祭「キンダー・フィルム・フェスティバル」を主催しているキンダー・フィルムが企画し、子供たちに少しでも楽しい映像を届けたいという、日本の各配給会社の願いのもと、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ、株式会社ドワーフ、ニューセレクト株式会社の賛同のうえで開催された上映会で、5月1日から5日までの期間、岩手県の沿岸部(陸前高田、釜石市、野田村)と、岩手県立児童館いわてこどもの森で開催された。

『ピングー』『ひつじのショーン』『こま撮りえいが こまねこ』などメジャー作品上映のほか、この東日本大震災の復興を願い、版権元より初めて許諾された、世界初ライブ吹替『きかんしゃトーマス』の上映が行われた。ライブ吹替を行ったのは、キンダー・フィルム・フェスティバルの実行委員長でもある女優の戸田恵子。震災で傷つきながらも、元気な子供たちの姿を見た戸田は「少しでも元気になってもらって、笑顔がたくさんになると良いなと思っています。皆さん、悲しいことや辛いことがたくさんあると思いますけど、悲しみと寄り添いつつも、希望という二文字を強く胸に抱いて、これからも頑張ってください。東京でもみんなのことを応援しています」と、メッセージを送った。

戸田は子供たちに、この上映会の感想を「字が書けない人はお絵かきでもなんでも良いんだけど、『ありがとう』とか『面白かったよ』とか『戸田さん、綺麗だったよ』とか(笑)、何でも良いです」と話し、スケッチブックに書いてくれるようにお願いした。子供たちには、トーマスのシールやアンパンマンのポストカードなどがプレゼントされ、大きな笑顔が生まれた。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報