『テンペスト』主演のヘレン・ミレンとジュリー・テイモア監督から励ましのメッセージが届く

妖精や怪物が登場する幻想的な映像世界も鮮烈だ
  • 妖精や怪物が登場する幻想的な映像世界も鮮烈だ

シェイクスピアの遺作である有名戯曲を映像化した『テンペスト』(6月11日公開)の公開を前に、主演のヘレン・ミレンと、ジュリー・テイモア監督から日本への敬意と、未来への祈りを込めたメッセージが届いた。

ヘレン・ミレン「困難極まりない時にこそ、人間の本質が現れるものです。世界中が日本の方々の大きな苦しみを、深い悲しみをもって見守っていますが、同時にこれほど深遠な精神の崇高さを示す国民とその文化への尊敬の念は、日ごとに増すばかりです。私はこれまでのキャリアの中で、シェイクスピア劇を数多く演じてきましたが、彼は人生というもののあらゆる様相を理解していました。以下は映画『テンペスト』の中で、私が演じるプロスペラの言葉の1つです。人生やこの世の無常を表現しているものです。『余興はもう終わりだ。今の役者たちは、さっきも言ったように、みな妖精だ、そしてもう空気に溶けてしまった、希薄な空気に。だが礎を欠く今の幻影と同じように、雲を頂く高い塔、豪華な宮殿、荘厳な寺院、巨大な地球そのものも、そうとも、この地上のありとあらゆるものはやがて融け去り、あの実体のない仮面劇がはかなく消えていたように、あとにはひとすじの雲も残らない。我々は夢と同じ糸で織り上げられている。ささやかな一生をしめくくるのは眠りなのだ』(ウィリアム・シェイクスピア「テンペスト」の一節。訳:松岡和子)」

ジュリー・テイモア「日本の皆様が美しい国を再建させるなかで、より絆を深め、心の平和を見出すことができますように」

ヘレン・ミレンは、『テンペスト』の主人公が娘とその恋人の婚約を祝って妖精たちに演じさせた豪華絢爛な夢幻劇の終わりに言うセリフの一部を引用。幻が消えるのは当たり前だが、シェイクスピアは「不動堅固に見えるものも実ははかなさにおいては幻に等しい」と言っている。私たち日本人が今回の震災でそれを実感したことを思いやり、その実感を出発点として未来へ向かうだろうと励ましてくれている。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報