『パイレーツ4』ジョニー・デップやペネロペ・クルスらがUKプレミアで撮影地ロンドンに凱旋!

ファン3000人にサインや握手などをするジョニー・デップ
  • ファン3000人にサインや握手などをするジョニー・デップ

ジョニー・デップ&ペネロペ・クルス共演の『パイレーツ』シリーズ最新第4弾『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』(5月20日公開)が遂に完成、UKプレミアが現地時間5月12日、ロンドン郊外にあるヨーロッパ最大級のショッピングモール、ウェスト・フィールドで行われた。会場には300mに渡る鮮やかなブルー・カーペットが敷かれ、各国から300人を超える報道人とファン3000人が集結。5月7日のUSプレミア、5月11日のロシア・プレミアに続き、ジョニー・デップ、ペネロペ・クルスら主要キャスト、スタッフが登場し、会場を華やかに彩った。

本作の冒頭シーンがロンドンで撮影されたこともあり、ジョニー・デップは「またこのロンドンに戻って、ファンの皆と会えて嬉しいよ。ジャック・スパロウはもう自分の一部だから、自然と役に入っていけるようになっているんだ」とファンとの再会を果たし、喜びを語った。女海賊アンジェリカを演じたぺネロぺ・クルスは「私たちにとってロンドンはこの映画の一部を撮影した思い入れのある場所なので、ここに戻って来るということは特別な意味があるの」と語った。バルボッサ役のジェフリー・ラッシュは、詰めかけたファンの姿を見て、「我々役者は普段スクリーンの中にいるから、こういうファンと直接会う機会がありません。プレミアに来て、直接皆さんの姿を見ると、役者としての責任を感じます」と感慨深げに話した。

また、主要キャスト、スタッフから、今回も日本のファンに向けて、「日本に行けなくて本当にごめんなさい。でも、近いうちに必ず会いにいきます」(ジョニー・デップ)、「愛をこめてビックキスを送ります。日本には友人もたくさんいるので、近いうちに会いにいきたいです」(ぺネロぺ・クルス)、「今は苦しい時だと思いますが、頑張ってください。我々も応援しています」(ロブ・マーシャル監督)とコメントを寄せ、ジェフリー・ラッシュは「ガッツ!」という日本語で、日本のファンを勇気づけた。5月4日にLAで行なわれた日本メディア用特別記者会見でジョニー・デップから日本への応援メッセージが書き込まれた横断幕が5月11日のロシア・プレミアを経て、このUKプレミアにも到着し、会場に掲げられた。ジョニー・デップから始まって世界のセレブに広がったメッセージの輪が5月17日、遂に日本に届けられる。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報