『カイジ2』前作に続き、吉高由里子、香川照之の続投&新たに生瀬勝久の出演が決定!

『カイジ2』に出演する、左から生瀬勝久、伊勢谷友介、藤原竜也、吉高由里子、香川照之
  • 『カイジ2』に出演する、左から生瀬勝久、伊勢谷友介、藤原竜也、吉高由里子、香川照之

藤原竜也が主演を務める、福本信行の人気コミックの映画化第2弾『カイジ2』(11月5日公開)に、前作『カイジ 人生逆転ゲーム』(09)に引き続き、吉高由里子、香川照之の続投と、新たに生瀬勝久が出演することが発表された。

今作で描かれるのは、原作で一番人気のエピソード「沼」。前作で、数々の命懸けのゲームに勝利し、多額の借金を帳消しにした伊藤カイジ(藤原)。まさに人生逆転を果たしたと思いきや、一年も経たないうちに、またしても借金まみれの負け組に。人生の再逆転を目指すカイジが今回挑むのは、当たれば10億円以上を稼げるモンスターパチンコ台・通称“沼”。そのパチンコ台を置く裏カジノの支配人でカイジの最大のライバル・一条聖也(伊勢谷友介)に、カイジはどう挑むのか、注目が集まる。

前作でカイジに敗北し、地下帝国送りとなった利根川幸雄(香川)は、何とスラム街でカイジと再会。利根川からスペシャルカジノへの招待状を受け取ったカイジは、そのカジノで、カイジ同様、自分の人生を取り戻すために、“沼”に挑む坂崎(生瀬)と出会う。カイジを味方につけた坂崎は、さらにカジノの内通者として石田裕美(吉高)をチームにつけ、“沼”を攻略すべく策を練る。

今作では、脚本に原作者の福本自身も参加し、新ゲームが書き下ろされた。その名も「姫と奴隷」。3つの選択肢から正解を探り当てなければ、本物のライオンに襲われるというまさに命懸けのゲームで、本編にも実際にオスのライオンが2頭、撮影に参加している。

興行収入22.5億円という大ヒットを記録した前作。現在累計1700万部を超える大人気コミックが原作なだけに、今作にも期待が寄せられている。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報