監督・松本人志『さや侍』のプレミアで「日本の評価はちょっとまだ低い」

『さや侍』のプレミアにて。左から、松本人志監督、熊田聖亜、野見隆明
  • 『さや侍』のプレミアにて。左から、松本人志監督、熊田聖亜、野見隆明

松本人志の監督第3作目の時代劇『さや侍』(6月11日公開)のプレミア上映会が6月6日に東京国際フォーラムで開催。松本監督、野見隆明、子役の熊田聖亜らキャスト陣が顔をそろえた。『大日本人』(07)のハリウッドリメイクが報じられたばかりの松本監督は、喜びつつも監督としての国内の評価の低さについてのボヤキも語った。

今回登壇したのは、松本人志監督、野見隆明、板尾創路、りょう、國村隼、柄本時生、熊田聖亜、ROLLY、腹筋善之介ら個性派キャスト陣。挨拶した松本監督は開口一番、「正直言うと、疲れました。ここに至るまでいろんなことがあったので」と語った。

武士なのに刀を持たない“さや侍”野見勘十郎役の野見隆明は、やはり舞台でも良い味を出していた。さや侍は殿様(國村隼)の命で若君に芸を見せ、三十日以内に笑わすことができなければ切腹という設定だが、一番苦労したのは体当たりで何枚もふすまを破り続けるシーンだとか。野見は「最初は割れたけど、だんだん割れなくなって」とコメント。松本監督は野見について、「最初は大変でした。人に追われてるような感覚で走ってくれって説明したら、いきなり『助けてくれぇ。殺さないでくれぇ!』って叫んで、カット、カット!」と苦笑い。でも、その後で「時折、ヘタな役者さんじゃ太刀打ちできない表情を見せてくれた」と野見をほめ称えると、りょうも「ふすま破りのシーンはすごく感動しました」と、野見の奮闘を絶賛した。

また、本作がロカルノ国際映画祭に招待されたことや、『大日本人』(07)がハリウッドでリメイクされることを受けての感想について、「僕が面白いと思うことを、世界を絡めながらできる状況がやっと整ってきたので、すごく嬉しいです」と語った後、「日本の評価はちょっとまだ低いな。ヘタウマが通じてないというか、ヘタヘタと思われてるので。今回の『さや侍』で見方を変えてもらえるかなと」と、本作への自信をのぞかせた。また、『大日本人』のリメイクについては、「今回、何らかの形で僕も参加させてもらえるようで、ある程度の意見も言えそう。キャスティングはどうかな? そこまで言えるなら、『さや侍』野見勘十郎を“ジョニー・デップ十郎”でやってみたいです」と、笑顔で語った。

いよいよ今週末に公開となる『さや侍』。松本人志風のオリジナル時代劇は、笑って笑って、何と最後は感動させられるという驚きの一作に仕上がった。本作で、改めて監督・松本人志の監督力を確かめてもらいたい。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報