ゆきりんが神の領域へ! 躍進のさしこがネガティブ発言で爆笑をさらう!

初のメディア選抜に入った指原莉乃
  • 初のメディア選抜に入った指原莉乃

6月9日に日本武道館で行われたAKB48の22ndシングル選抜総選挙の開票イベントでは、指原莉乃(チームA)と柏木由紀(チームB)が大躍進を遂げた。

前回の総選挙では、19位だった指原。9位で自分の名前が読み上げられると、驚きの表情で立ち上がった。壇上に上がり「どうしよう…(泣)。えーとですね…まず、投票してくださった皆さん本当にありがとうございます! おととしの(選抜総選挙)1回目は27位でした。去年は19位でした。そして、今回、この9位という…まさか(上位12人の)メディア選抜に入れるとは思っていなかったので、本当に本当にうれしいです。あのう…指原は自分に自信がありません。ダンスも下手だし、歌も下手だし、かわいくないし…。本当にかわいくないんですけど…。誇れるものは今まで本当に何もなくて…でも、4万5000もの投票してくれた皆さんが本当に誇りです。自分にこんなに応援してくれる人がいるなんて思っていなかったので、本当にすごく幸せです。去年は3.5秒しかPVに映れなかったので、ことしは1秒でも多く映りたいなと思っております。これからもこんな私なんですけれども、応援よろしくお願いします」とコメントし、持ち前のネガティブさで会場を沸かした。

前回8位の柏木の名前が呼ばぬまま順位の発表が進んでいく中、第3位に柏木の名前が呼ばれると会場がどよめいた。第8位で板野友美(チームK)が呼ばれたことで、前回、前々回と同じ面子だった上位7人(通称・神セブン)の一角が崩れ、残るは神セブンの6人と柏木となってから、柏木の名前がいつ発表されるのかという期待感が会場を満たしていたためだ。

AKB48のトップ2・前田敦子(チームA)、大島優子(チームK)に次ぐ順位に柏木は「今回、投票してくださった皆さん、そして、応援してくださった皆さん本当にありがとうございます! 正直、速報(5月25日発表)で3位という結果を劇場でファンの皆さんと一緒に聞いて、自分がこのAKBの3位だなんて本当に恐れ多くて…。でも、周りのメンバーが頑張ってる姿を見て、AKBにいる限り、この世界にいる限り、向上心というのは持ち続けなきゃいけないんだなということを学びました。去年は8位という結果で、とても自分的にはうれしくて…でも、いろいろなテレビや雑誌に出る時に、なぜか(上位)7人で切られることも多くて…。『どう頑張ったら認めてもらえるんだろう?』ということを考えて頑張ってきました。でも、私は今、AKB48の一員として毎日活動できていることが本当に幸せで、本当にうれしいです。小さいころからアイドルがすごい好きで、AKBに入ってもファンの皆さんと握手会で直接お話しできたりとか、ブログでコメントいただいたりとか…やっぱり毎日『AKBに入れてよかったな! アイドルに成れてよかったな!』と感じます。きょう、こうしていつも応援してくれているファンの皆さんのおかげで3位という本当にすてきな順位をいただいたんですが、まだまだ認めてもらえるとは思っていないので、今まで自分のしてきたことや、自分の知りたいこと、やりたいことを信じて、こうしてまた一緒に自分が頑張るきっかけを作ってくれた皆さんに本当に感謝しています。これからも大好きなAKBのため、そして応援してくださるみんなのため、そして自分のためにも一生懸命全力で頑張っていきたいと思いますので、皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします。本当にありがとうございました」と笑顔であいさつした。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報