「映画版はものすごいシーンが満載」と森山未來&美女たちが『モテキ』をアピール!

森山未來と長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子ら女優陣がクランクアップを迎えた喜びを語ってくれた
  • 森山未來と長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子ら女優陣がクランクアップを迎えた喜びを語ってくれた

累計160万部の売り上げを誇る大ヒットコミック「モテキ」。2010年にはドラマ版も放送され、その人気を不動のものとした本作が、今度は完全オリジナルストーリーで映画化されることになった。

本作は、金なし・夢なし・彼女なしの駄目男が、ある日突然訪れたモテ期に戸惑いながらも、異性と交友を重ねていく姿を描いたラブストーリー。毎回、意中の女性と良い感じになるものの、ここ一番で失敗して恋を逃がしてしまう主人公のヘタレっぷりが笑える、コメディドラマとしても見応え十分な一本だ。また、劇中随所にちりばめられたサブカル要素など、思わずにやりとしてしまうポイントがふんだんに盛り込まれている意欲作なのだ。6月13日には、そんな映画版『モテキ』のクランクアップを記念した新キャスト発表会見が行われ、主演の森山未來をはじめ、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子ら女優陣と大根仁監督が登壇した。

ドラマ版同様、本作でも大勢の美女と恋に落ちる主人公・藤本幸世に扮する森山は、「幸世って、女性に対する接し方が本当に酷い奴で、ドラマ版では撮影が進むにつれ、どんどん感情移入できないキャラクターになってしまいました。そんな幸世が、今度はスクリーンでヘタレっぷりを披露するんですよね。もうこうなったら、行くところまで行ってしまえって感じです(笑)」と、自身の演じたキャラクターに複雑な感情を抱いていることを明かしてくれた。

そんな幸世と、ツイッターで知り合う雑誌編集者・松尾みゆきを演じた長澤は、「原作もドラマ版も大ファンだったので、オファーをいただいた時はとても嬉しかったです。みゆきという女性は、私と似ているところがたくさんあって、演じるうちにどんどん愛着が湧いてきました。可愛いだけじゃなく、ちょっと悪いところもある役柄なので、みゆきの悪女っぷりを楽しんでいただけると嬉しいです」とコメント。続いて、みゆきの親友であり、素朴なOL・桝本留未子を演じた麻生は、「人気シリーズに参加するということで、最初はすごくプレッシャーを感じていました。でも、今回はストーリーもキャラクターも全てがオリジナルなので『自分の役にしっかり向き合って、お芝居をしていけば良い』という気持ちで取り組みました。留未子はシリーズ全編を通して見ても、初めて出てくるタイプの女性なので、これまでにない掛け合いを楽しんでもらえると思います」と、意気込みを語ってくれた。

また、ガールズバーの美人店員・愛を演じた仲は、「こんなに弾けた映画に参加させてもらえたことがすごく嬉しいです。私が演じた愛は、見た目はすごく派手だけど、人には見せないもう1つの顔を持った、二面性のある女の子なんです。そのギャップに注目して見てもらえると嬉しいですね」と語り、幸世を厳しく指導する会社の先輩・唐木素子役の真木は、「大根監督とは、これまで何度もお仕事をご一緒させていただいたのに、何でドラマ版『モテキ』では声をかけてくれなかったんだろうって、ずっと嫉妬してました(笑)。でも映画版でオファーをいただいて、わくわくしながら台本を読ませていただいたら、今度は下ネタと暴言を言いまくる、とんでもない役どころでした。劇中では幸世に飛び蹴りを仕掛けたり、豪快なアクションを披露する場面が何回も出てきますので、期待していてください」と、劇中にはアクションシーン(!?)が満載であることを明かした。

ちなみに森山と長澤は、あの大ヒット作『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)以来の共演であり、お互いの印象について質問すると、「長澤さんの印象は、あの頃から変わらず、今でもシンプルで健やかなイメージです。久しぶりに共演できて、とても懐かしく感じました。『世界の中心で、愛をさけぶ』ではビニール越しのキスシーンがありましたが、今回はそれを超す、ものすごいシーンが出てきます。撮り終えた後はふたりで『8年の歳月ってすごいね』としみじみ語りました」と森山が答え、それに対して長澤は「印象や雰囲気は当時のまま変わらないけれど、『モテキ』という作品の先輩なので、とても頼りになりましたし、サブカルや専門用語にも詳しくて、色々教えてもらいながら、助けてもらいながら撮影できました」と語ってくれた。

原作者・久保ミツロウ書き下ろしの完全新作ストーリーや豪華女優陣の共演、そしてさらに磨きのかかった主人公・幸世の駄目男っぷりと、あらゆる面でスケールアップした映画版『モテキ』(9月23日公開)。事前にコミックス&ドラマ版を見ておけば、よりいっそう盛り上がれること間違いなし!【六壁露伴/Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報