ベストセラー小説『天地明察』に岡田准一、宮崎あおい、中井貴一、松本幸四郎、横山裕らが出演!

原作は2010年吉川英治文学新人賞、本屋大賞を受賞した冲方丁のベストセラー小説「天地明察」
  • 原作は2010年吉川英治文学新人賞、本屋大賞を受賞した冲方丁のベストセラー小説「天地明察」

2010年吉川英治文学新人賞、本屋大賞を受賞した冲方丁(うぶかたとう)の同名ベストセラー小説を映画化する『天地明察』(2012年秋公開)の、主演を岡田准一、ヒロインを宮崎あおいが務めることが明らかになった。

メガホンを取るのは、『おくりびと』(08)の滝田洋二郎監督。2009年米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞してから2年、満を持しての監督作品となる。音楽は『おくりびと』に続いてタッグを組む久石譲だ。

『陰日向に咲く』(08)以来、二度目の共演となる岡田と宮崎。岡田は「二度目の共演となる宮崎あおいさんとお仕事ができるのを楽しみにしています」と、撮影を心待ちにし、宮崎は「(岡田の)傍らにいると何だかほっとする方なので、その心地良い空気感のなかで、素敵な瞬間がたくさん生まれたら良いなと思っています」と、岡田との再共演を喜んでいる。

数々の挫折を繰り返しながらも、新たな暦を作るため天に挑む主人公・安井算哲を演じる岡田は、「多くの方々に支えられ、真っ直ぐに生き、生涯を懸けて改暦という事業に邁進する男を演じることで、皆さんに勇気や希望を感じていただけるような作品にできるよう、心を込めて演じていければと思います」と意気込みのコメントを寄せた。算哲を支えるヒロイン・えんを演じる宮崎は、「撮影に入る前のリハーサルでは、滝田監督の言葉によって、えんという女性をリアルに感じることができているので、彼女として生きられる日々がとても楽しみです」と心境を語った。

ふたり以外の出演者には、算哲の強力な理解者である水戸藩主・水戸光圀役を中井貴一、算哲に改暦事業を命ずる会津藩主・保科正之を松本幸四郎ほか、佐藤隆太、市川亀治郎、笹野高史、岸部一徳、横山裕、渡辺大、白井晃、市川染五郎らが決まっており、6月16日(木)にクランクイン、8月中旬クランクアップ予定、2012年1月完成予定となっており、2012年秋の公開を目指している。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報