「20歳まで保育士になりたかった」 上戸彩が密かな夢を告白!

ディップの新CM発表会に、三人の実力派女優が登場。仲のよさが分かるコメントを連発した
  • ディップの新CM発表会に、三人の実力派女優が登場。仲のよさが分かるコメントを連発した

6月14日(火)、アルバイト情報サイト「バイトルドットコム」などを運営するディップの新CM発表会が行われ、CMに出演している女優の上戸彩さん、菊川怜さん、忽那汐里さんが出席した。

同じ事務所の先輩・後輩による共演となった本作で、三人は“はたらく三姉妹”を熱演。本物の姉妹さながらの仲の良さで、仕事を探す女性の姿をコミカルに演じている。上戸さんのOL姿、菊川さんのナース姿など、キュートな制服姿にも注目だ。

三人での共演は初めてとなった上戸さんたちは、撮影を思い出して「楽しかったぁ~」と声を揃えて一言。撮影の感想を聞かれると、「同じ事務所の人とお仕事する機会ってあまりないので、新鮮な気持ちで撮影できました。すごくリラックスして、自分らしく撮影できたなぁと思います」(上戸)、「(二人と)姉妹という設定は始めてだったので、何だか本当の妹みたいに思えてきて、こんな楽しい仕事でいいのかなって思えました」(菊川)、「事務所の先輩とお仕事する機会がなかったので、新鮮な気分でした。一番年下だったので甘えさせていただきました」(忽那)とそれぞれ話した。

続いて、上戸さんが姉妹役の二人に対する印象を紹介。菊川さんについては、「ネイルをしたり、誕生日にプレゼント交換したり、怜さんとは10代の頃から一緒に仕事をしているので本当にお姉ちゃんのような感じです」と話し、一方で忽那さんについては、「私は妹がいないので、すごく嬉しかったです。この間、忽那ちゃんの出ている映画を観たのですが、凄い存在感で、凄い空気を持っていて癒されましたね」と話した。

さらに、「もし菊川さんが本当のおねえさんだったら?」と質問された上戸さんは、「ガミガミ二人で張り合って、いかにも兄弟げんかみたいのをしてそう(笑)。でも、ここぞという時に頼るのは怜さんだと思います」と、二人の仲の良さが分かるコメント。すると、菊川さんが「だからCMも素の感じが出ていて、見ていて恥ずかしくなりましたね」と返し、互いを見合って微笑んでいた。

子供の頃の夢に関する質問に「20歳まで保育士を目指してました」と密かな夢を答えた上戸さんに、菊川さんが「じゃ、芸能界の仕事がバイトだったの?」と鋭いツッこみを入れるなど、最後まで仲の良さを感じさせた三人。彼女たちが出演するバイトルドットコム「スマートフォン」篇、「動画応募」篇、はたらこねっと「ライフスタイルマッチング」篇、ナースではたらこ「転職」篇、そして3つのサイトを紹介する「はたらく笑顔」篇の各CMは、6月15日(水)から全国で順次オンエア。三人の実力派女優が演じる、本物の姉妹のような掛け合いを楽しんで。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報