映画

役所広司主演『聯合艦隊司令長官 山本五十六』に玉木宏、香川照之ら出演決定!

MovieWalker 2011年6月15日 12時56分 配信

すべての写真を見る(5件)
役所広司が主演を務め、連合艦隊司令長官・山本五十六を演じる『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(12月23日公開)に玉木宏、香川照之、瀬戸朝香、田中麗奈らが出演することがわかった。

真珠湾攻撃によって太平洋戦争の端緒を開いた戦略家として、日本を代表する海軍軍人として広く知られている山本五十六の姿を描く本作。今作で玉木宏が演じるのは、東京日報の若き新聞記者・真藤利一。口数こそ少ないが、周りの意見や状況を冷静にとらえ、真実を追究し、世論を代弁する正義の記者を熱演する。目まぐるしく巻き起こる会話劇が中心となる撮影現場において、玉木は表情と間で芝居をしなければいけないという、難しい演技に挑戦した。そして、この戦争を唯一、客観的にとらえ、映画を見る観客側の感情に一番近い視点で物語を紡ぐ、重要な語り部役も担っている。

役所演じる山本五十六に相対する存在として、新聞というメディアを使い、世論を戦争へと煽る東京日報主幹・宗像景清を熱演するのは香川照之。東京日報の記者連中が足しげく通う小料理屋「志津」の若女将・谷口志津役には瀬戸朝香。マスコミに扇動され、好戦的になっていく世論と、記者連中が沸く店内で、一人冷静な目線でことの成り行きを見守る。その「志津」に常連客として訪れているダンサーの神埼芳江役を田中麗奈が演じる。奔放な性格で、志津を姉のように慕う。仕事上、不景気の波を肌で感じており、戦争が始まると景気が良くなると聞き、開戦を支持するような発言をする。

そのほか、東京日報編集部に益岡徹や袴田吉彦、管勇毅、渡辺邦斗らが名を連ねており、刻々と変わる情勢にも、日本の精強さを広めることこそが戦勝につながると信じる記者を演じる。監督には『孤高のメス』(10)で日本アカデミー優秀監督賞を受賞した成島出。映画の監修には半藤一利が参加し、激動の時代に生きた日本人の姿を、リアルかつダイナミックに描き出してくれる。【Movie Walker】

聯合艦隊司令長官 山本五十六

2011年12月23日(金) 公開

戦争反対でありながら、連合艦隊司令長官として開戦の火ぶたを切ることになった不世出の軍人・山本五十六。歴史に翻弄された彼の苦悩に満ちた半生を描く。『八日...

関連記事

おすすめ情報