ホテルオークラで優雅に楽しむアートとランチ

モネが愛した味
  • モネが愛した味

8/8(金)〜8/31(日)、ホテルオークラ東京では、アートコレクション入場券と期間限定ランチをセットで楽しめる「アートと贅沢ランチ」を開催する。同時期に別館で公開される「第14回秘蔵の名品アートコレクション展」との連動企画。同展のテーマ、「パリのエスプリ・京の雅・江戸の粋」をコンセプトに、限定メニューを提供する。

欧風レストラン オーキッドルームでは、フランスの画家クロード・モネが生前に愛したレシピにアレンジを加えたオリジナル料理「ムール貝の白ワイン蒸し“緑のムール貝”」や「鳥取県産大山鶏の狩人風」が味わえる。

和食レストラン 山里では、浮世絵画家である安藤広重の作品「東海道五十三次」をモチーフに、浜納豆や鯵一干し、畳鰯海苔や鰻御飯など各宿場の食材を生かしたランチを展開。いずれも入場券込みで6000円。

アートコレクション展はモネの油絵8点を含むフランス画とともに、印象派絵画に影響を与えた浮世絵など100点余りを公開。開催期間中は他6店のレストランでも特別メニューが楽しめる。【東京ウォーカー/白石知沙】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報