ハニカミ三浦春馬が「キスシーンが長すぎ」と冷や汗!?

『東京公園』の初日舞台挨拶で三浦春馬がキスシーンを語った
  • 『東京公園』の初日舞台挨拶で三浦春馬がキスシーンを語った

「東京バンドワゴン」の小路幸也による同名小説を映画化した『東京公園』の初日舞台挨拶が、6月18日に新宿バルト9で開催された。三浦春馬、榮倉奈々、小西真奈美、井川遥、青山真治監督が登壇。三浦は照れながらも、キスシーンのネタなどで会場の観客の心を鷲づかみにした。

『東京公園』では、カメラマン志望の光司(三浦春馬)が、ある女性(井川遥)の尾行を頼まれたことをきっかけに、親友の元彼女(榮倉奈々)や義理の姉(小西真奈美)と真摯に向き合っていく。光司役の三浦は「お姉さん(小西)とのキスシーンがこんなに長くて大丈夫かな?って思いました」と、ハニカミながら語った。「僕自身も自分のキスシーンを大画面で見ると冷や汗をかくんです。でも、2回目に見たらいい“間”だなと。青山さんのマジックですね。なかなかカットがかからない作戦でした」。

本作でテーマとなっている“真っ直ぐ見つめる”ことについて尋ねられた4人。青山監督は「現場人間なので、俳優さんを見ているのが何よりも幸せ」と監督らしいコメントをした。三浦は「ずっと目を背けてきたカマキリを真っ直ぐ見てみようかと」と、カマキラ嫌いを激白し、会場は爆笑。榮倉は「(次、私が)バッタとか言わなくて大丈夫?」と、彼のコメントに突っ込みを入れた後、「人と向き合うことって自分と向き合うことかなって」と、真面目に答えた。小西は「この作品で自分の仕事や役割と改めて向き合えた気がします」と語った。また、井川は「まもなく2歳の娘は私のことを真っ直ぐ見てるんだなと。ワイン売り場の前で『ママ、ママ』と言うんです」と苦笑い。

青山監督が三浦たち俳優陣と東京の公園をみずみずしく映し出した『東京公園』。それぞれの心のひだが丁寧に活写されたアンサンブルドラマとなっているので、是非緑が芽吹く今の季節に見てもらいたい。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報