シャイア・ラブーフ、赤裸々に歴代恋人を語る

シャイア・ラブーフの歴史は共演女優と共にあり
  • シャイア・ラブーフの歴史は共演女優と共にあり

ミーガン・フォックスと関係があったことを認めたシャイア・ラブーフが、他の女優たちとの恋愛遍歴についても赤裸々に語っており、“最悪のデートの相手”から“今でも愛している女優”まで、名指しで激白している。

これまで彼が経験した中で最悪のデートの相手は、ヒラリー・ダフだったそうで、「お互いにとってこれまでで最悪のデートだっただろう」とDetails誌のインタビューで語っている。さらに、『トランスフォーマー:リベンジ』(09)でシャイアと共演し、彼が2008年7月に飲酒運転で事故を起こした時に車に同乗していたことで噂になったイザベル・ルーカスについては「ひどい関係だった」と語り、「僕たちは、ふたりとも互いに恋していたわけではなかった。ただ単に実験しているというか、そういう感じだった」という。

しかし、『ウォールストリート』(10)の撮影で知り合い、昨年10月に破局するまで一年間交際したキャリー・マリガンのことになると全く口調が変わって、「僕はまだ彼女を愛している。彼女は人間的に素晴らしいし、驚くべき才能を持つ女優だ。僕たちは今でも友人どうしだよ。でも、もう一度やり直すつもりはないし、彼女もそれは同じだろう。僕たちの恋は終わったんだ」と余韻を残す発言を聞かせている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報