若手陶芸家の和モダンな陶磁器展

作/土居陽子 泡立つ海をイメージした花瓶。大胆な構図に美しい青が映える
  • 作/土居陽子 泡立つ海をイメージした花瓶。大胆な構図に美しい青が映える

福岡市・今泉にある季離宮(ときりきゅう)内の中離宮2階で、佐賀で活動する陶芸家の作品を集めた展示販売会を開催する。約40坪の会場に、有田焼や唐津焼など伝統的な手法を生かし、斬新なデザインで作るオブジェや花器、食器、アクセサリーなどが約250点そろう。

作家は佐賀県、福岡県生まれの30代男女4名。佐賀県・有田の「舞々谷工房」で白磁の食器や花器などを中心に制作する土居悟氏、同じく「舞々谷工房」で絵付けを施した有田焼の作品を多く制作する土居陽子氏、有田焼でオブジェを作る傍らデジタルアートも手がける三浦洋輔氏、親子二代で営む「櫨ノ谷窯」で現代的な唐津焼の作品を発表する吉野敬子氏。

開催日時は1/23(金)〜28(水)の6日間、11:00〜19:00。最終日の1/28(水)は16:00まで。入場無料。福岡では手に入らない作品ばかりなので、要チェック!

【九州ウォーカー/濱崎美紀】

キーワード

[PR] おすすめ情報