ジェニファー・アニストン、一年間女優業を休業して恋人業に専念?

今まで多くの恋の噂が立ったアニストン。今度は本気でゴールを目指す?
  • 今まで多くの恋の噂が立ったアニストン。今度は本気でゴールを目指す?

ジェニファー・アニストンは、新恋人のジャスティン・セローと過ごす時間を最優先させるため、一年間、女優業を休業する予定らしい。

ブラッド・ピットと離婚してからというもの、ヴィンス・ボーン、ジョン・メイヤー、ジェラルド・バトラーなど恋の噂は数知れず。にもかかわらず、なかなかブラッドが忘れられず、将来を共にするソウルメイトを見つけることができなかった。しかし、昨年秋に新作『Wanderlust』(全米10月7日公開予定)の撮影で知り合い、現在同棲生活を送っているジャスティンとは将来が期待できそうとあって、アニストンはあるゴールに向けて真剣に努力をしていく覚悟を決めたという。

「ジェンは、一年間仕事を離れて、自分の生活を楽しみたいと考えています。今年は、2月に公開済みの『Just Go with It』、7月8日から公開されている『Horrible Bosses』、そして10月公開『Wanderlust』と3本も主演作があり多忙でしたが、今後は『The Goree Girls』の1本しか予定が入っていないことが確認されています」と、Usウィークリー誌が報じている。

まだふたりの関係を認めてないアニストンは、6月30日に行われた『Horrible Bosses』のレッドカーペットにはシングルで現れたが、ピープル誌の情報では、「ふたりは、アフターパーティで約1時半ほど一緒に過ごしています。ジャスティンがアニストンの腰に手を回し、首などにキスをするなどアツアツだった」そうで、交際は順調のようだ。遂にソウルメイトを見つけたアニストンが、二度目のウェディングベルを鳴らす日はそう遠くないかもしれない。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報