『トランスフォーマー』シリーズ第4弾の新主役はジェイソン・ステイサム?

主役交代を機にシリーズもダークな内容に方向転換?
  • 主役交代を機にシリーズもダークな内容に方向転換?

『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』(7月29日公開)が『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』(公開中)を抜いて、今年最高の全米オープニング興収を叩き出して話題になっているが、主演のシャイア・ラブーフは3作目に当たる本作でシリーズから降板する意志を宣言している。

しかし、3作目の興行的大成功を踏まえ、製作側は早くも4作目について検討しているそうで、シャイア本人が「このシリーズは別の主演俳優で続くことになるだろう」とMTVに語っていた通り、後任の主演俳優探しが始まっているという。芸能情報サイトShowbiz.spyによれば、その有力候補として名前が挙がっているのが、『ロック・ストック&スモーキング・バレルズ』(98)などの一連のガイ・リッチー監督作品や『トランスポーター』シリーズ、『エクスペンダブルズ』(10)などに出演している英国人俳優ジェイソン・ステイサムだそう。製作側は主演交代を機に『トランスフォーマー』シリーズをダークな方向に発展させたいと考えているという。

また、ジェイソン・ステイサムは同シリーズの新ヒロイン、ロージー・ハンティントン・ホワイトリーの実生活での恋人でもあり、「美しくてセクシーだが木偶の坊のよう」「ミーガン・フォックスが恋しくなる」と評論家にこき下ろされているロージーとのスクリーンでの相性も抜群だろうという思惑もあるらしい。

また、マイケル・ベイ監督も3作目を最後に同シリーズは撮らない意志を明らかにしており、主演と監督が一気に交代すればこれまでとは全く違う映画になる可能性もある。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報