史上最高のSF映画は『スター・ウォーズ』ではなくあの作品

1位に輝いたのはリドリー・スコット監督のあの作品
  • 1位に輝いたのはリドリー・スコット監督のあの作品

英国の映画誌TOTAL FILMが行った投票の結果、“史上最高のSF映画”の1位に選ばれたのは、リドリー・スコット監督『ブレードランナー』(82)だった。

2位は『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』(80)で、3位にはスタンリー・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』(68)が選ばれた。今世紀の作品では『インセプション』(10)のみがベスト10入りしており、ベスト10に選ばれた作品の半分が1980年代に製作された映画だった。『アバター』は11位止まりでベスト10入りは果たしていない。

「一度鑑賞すれば、『ブレードランナー』のシーンの多くは永遠に頭に焼きつく。最も暗く、最も素晴らしいSF映画だ」と同誌の編集者ジェイミー・グレアムは語っている。

“史上最高のSF映画”ベスト10は、1位『ブレードランナー』(82)、2位『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』(80)、3位『2001年宇宙の旅』(68)、4位『エイリアン』(79)、5位『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(77)、6位『E.T.』(82)、7位『エイリアン2』(86)、8位『インセプション』(10)、9位『マトリックス』(99)、10位『ターミネーター』(84)という結果になっている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報