映画

エマもルパートも日本のファンに感謝!『ハリポタ』ロンドンプレミアは一つの時代の終わり

MovieWalker 2011年7月9日 6時00分 配信

すべての写真を見る(4件)
2001年に公開された第1章『ハリー・ポッターと賢者の石』から10年、最終章となる『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(7月15日公開)の公開に先駆け、現地7月7日、イギリス・ロンドンのトラファルガー広場でワールドプレミアが開催された。

約800mという長いレッドカーペットを敷いたトラファルガー広場にダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントの3人をはじめ、原作者のJ.K.ローリングなど主要キャスト、スタッフが登場する度に、ファンの興奮は一気に上昇。イベント前に降っていた、ロンドンイベント恒例の雨も止み、晴れ間も広がった。レッドカーペットに詰めかけた約14000人のファンに対し、デイビッド・イェーツ監督は「プレミアに来ると、いつも大勢のファンに会えるので楽しいです。今日もアルゼンチンの人がいたり、チリから来ている人がいたり、いろんなところから来ているのを見ると感動するよ」と、ファンの熱狂っぷりに喜びのコメントを返した。

本イベントでは、『ハリー・ポッター』シリーズの中でも最大規模のワールドプレミアとして、初めて会場にステージを設置、キャストやスタッフの挨拶を観客バックにステージ上から撮影、その模様を巨大モニターでファンや報道陣に見せるという形式がとられた。このスケールの大きさに、エマ・ワトソンやルパート・グリント、トム・フェルトンは「感情が高ぶっている」と、それぞれが興奮した様子でインタビューに応えていた。セブルス・スネイプ役のアラン・リックマンも「ハッピーだよ。今日はお祝いの日だ」と、映画では見られない笑顔を見せた。

この日、主演のダニエルはブロードウェイの舞台を休演し、プレミアに駆けつけた。ダンブルドア校長を演じたマイケル・ガンボンは「一つの時代の終わりだ。僕にとっては仕事の終わりだね。ダン(ダニエル)はその間にスターになり、ビリオネアになりブロードウェイに出て、僕のことなんか気にも止めてないな(笑)」とジョークを飛ばした。遂にフィナーレを迎える本作に、エマ・ワトソンは「自分の人生の半分を共にした作品だから、感情的になっているし、この作品を誇りに思っています」と胸を張った。製作を務めたデイビッド・ヘイマンはシリーズ終了に、「すごく複雑な気持ちだ。ハリー・ポッターファミリーの一員になれて本当に光栄だった。それと同時にこれから起ころうとしている新たな冒険をすごく楽しみにしているよ。でも、まだそれを全て消化し切れていないんだ。今その真っ最中だからね。きっと2、3ヶ月したら自分が失ってしまったものに気付き、きっと悲しくなると思うよ」と心境を吐露した。

日本のファンへ向けたメッセージも贈ってくれた。エマは「日本のファンは、最初からこの作品を理解してくれて、10年間サポートしてくれたことを本当に感謝しています。この『PART2』は、私もとても一生懸命演じたので、皆さんのご期待に沿うような作品になっていると良いなと思います。どうもありがとう!」、ルパートは「日本の皆さん、ありがとう!(ここまで日本語) 最後の作品を見てください」、ドラコ役のトム・フェルトンは「こんにちは!(ここまで日本語) ジャパン!この10年間のサポートをありがとう。PART2も楽しんでください」、アラン・リックマンは「ファンの皆さん、こんにちは。今までありがとう。日本のファンは一番美しい手紙をくれるんだ。日本の方々の書く字は本当に綺麗だよ。他の国の人に見せたいよ!」と、それぞれが感謝の言葉を述べてくれた。

最後にステージ上に集合したメインキャストやスタッフ、原作者J.K.ローリングは思わず感極まって涙するシーンを見せるなど、最後を飾るにふさわしい、盛大で感動的なイベントとなった。【Movie Walker】

関連記事

おすすめ情報