関ジャニ安田が“トラストいかねぇ”メンバーを暴露!

安田章大こだわりの舞台セット
  • 安田章大こだわりの舞台セット

7月9日より東京グローブ座にて上演中の「トラストいかねぇ」の公開げいこが同日に行われ、安田章大、三上市朗、高梨臨、演出の松居大悟が囲み取材に応じた。

同作は、大物になるという漠然とした夢を持ちながらものらりくらりとした生活を送る息子(安田)と、絶縁状態になっていた父親(三上)の再会を通し、心がすれ違う親子の不器用な愛をコミカルに描いたもの。正の元恋人役を高梨が演じる。

2年ぶりに座長をつとめる安田は「心が躍動感で満たされる舞台になればいいなと今回はやらせていただいています。刺激的で元気を与えられる舞台なので、楽しみにしていただければと思います。」と気合い十分。見どころについても「みんなの連携プレーじゃないですかね。プライベートの時間もみんなで話し合ったりとか、ご飯行ったりも多かったので、それが舞台のテンポ感に関係してくるのかと思いました。」とコメント。それを聞いた松居は、「若者にしか作れないものっていうのは意識していました。テンポ感を出すために、けいこでも巻いて巻いて作っていましたね。」と今回の舞台は“若者感”を大切にしている様子。

安田の印象を聞かれた三上は「安田くんみたいな息子がいたら…最高じゃないですか!(笑) けいこが楽しすぎて本番が来てほしくなかったです!」と満面の笑顔を見せた。高梨も「毎日けいこがすごく楽しくて。安心して初日を迎えられてうれしいです。」とコメント。チームワークの良さがうかがえた。さらに「安田さんは面白いです。」と言う高梨に対し、安田が「関ジャニ∞で一番面白くないと言われてますけど(笑)」とポツリとつぶやき、笑いを誘う場面も。「関ジャニ∞のメンバーの中で“トラスト(信頼)いかねぇ”っていう人は?」という質問に「丸山隆平ですかね(笑)。普段何してるか分からないので(笑)。いや、でもみんな信頼感はすごくあるので、そういう意味ではトラストいってます」と笑顔で語った。

さらに、舞台の細かい空間にも力を入れたという安田は「スタッフさんにもギリギリまで無理を言いましたね。色合いとか小物の置く配置とかたくさん話をさせていただきました。夏の感じが伝わっていただければうれしいです。」とセットへのこだわりを告白。最後に「ことしに見合った、元気になれる舞台です。演じていてもすごく楽しくて、生きてるなあって実感します。大阪の方々も楽しみに待っていて下さい!」と作品への自信をアピールした。

「トラストいかねぇ」
7月9日(土)〜8月1日(月) 東京・グローブ座
8月4日(木)〜8月7日(日) 大阪・シアタードラマシティ

キーワード

[PR] おすすめ情報