この美少女は誰?“野郎映画”の『極道めし』で輝きを放つヒロインに注目

囚人たちの映画『極道めし』で一際輝く美少女・木村文乃に注目
  • 囚人たちの映画『極道めし』で一際輝く美少女・木村文乃に注目

土山しげるの人気コミックを映画化した『極道めし』(9月23日公開)のヒロイン、木村文乃に注目! 獄中でむさくるしい受刑者たちが、思い出のめし自慢をするという異色の野郎映画で、一際輝いているのがヒロインのしおりだ。主人公・栗原健太に献身的に尽くすしおりの愛くるしい表情には、誰もが釘付けになること請け合いだ。

木村文乃は、榎木孝明主演映画『アダン』(05)で3074名の中からヒロインに抜擢されてデビューしたシンデレラガール。浅香唯や伊藤歩のような大きな眼が印象的な正統派美少女で、現在、桑田佳祐と共演しているNTTdocomoのCMでも爽やかな魅力を発揮している注目株だ。

『極道めし』は、個性豊かな受刑者たちが、これまで味わった中で一番おいしかった料理の思い出を語り、「おいしそう!」と思わず唾をゴクリと鳴らした数で、めしバトルの勝者を決めるという内容だ。このバトルを制した者は、年に一度の贅沢であるおせち料理の中から好きなものをもらうことができる。思い出話には、母の手作りホットケーキや、産みたて卵の卵ごはん・黄金めし、家族で食べたスキヤキなど、バラエティーあふれるメニューが登場するが、しおりの作ったインスタントラーメンも実においしそうだ。

このラーメンは、刻んだキャベツ、ネギ、さらにこがしネギをトッピングした特製ラーメン。スクリーンからも香ばしいネギとラーメンの香りが漂ってきそうな勢いである。何よりも、可愛い彼女が自分のために心を込めて作ってくれるのだから、それに勝るものはなし!という感じだ。

受刑者たちに扮した個性派俳優の熱演や、数多くのおいしい料理の映像はもちろん、劇中に華を添えている木村文乃の存在感は特筆もの。いろんな意味でおいしい映画なので、空腹時にはご注意!【文/山崎伸子】

キーワード

[PR] おすすめ情報