ポケモンゲーム総プレイ時間は1000時間!中川翔子「ゲームソフトは命の次に大事」ポケモン愛語る

『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム』の初日舞台挨拶に登壇した、高橋英樹、石原さとみ、水樹奈々、松本梨香、湯山邦彦監督
  • 『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム』の初日舞台挨拶に登壇した、高橋英樹、石原さとみ、水樹奈々、松本梨香、湯山邦彦監督

『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム』(公開中)の初日舞台挨拶が7月16日、TOHOシネマズ日劇2で行われ、声優を務めた高橋英樹、大地真央、石原さとみ、つるの剛士、山寺宏一、水樹奈々、中川翔子、松本梨香と、湯山邦彦監督が登壇した。

芸能生活50周年にしてアニメ声優初挑戦。伝説のポケモン、ゼクロムの声を務めた高橋は「時代劇は長いことやってきたので、(ゼクロムのような)強いセリフを言うのは大好き」と笑顔を見せた。高橋と同じく、アニメ声優初挑戦となった大地は、物語のカギを握るビクティニの物語を知るジャンタの声を務めた。アフレコ収録時を振り返り、「監督からは『肝っ玉かあさん風で』とリクエストがあったんですけど、とっても楽しくお仕事させていただくことができました。(劇中には)『台地、台地』というセリフがよく出てきて、光栄に思う」と、ポケモンからの偶然の歓迎に喜んだ。

ジャンタの娘カリータの声を務めた石原は「すごく勉強になった作品。声優というお仕事にもさらに興味を持って、また挑戦したいと思った」と意欲を湧かせた。ジャンタの息子で、王国の復活を願い、各地に散った大地の民を探す旅をするドレッドの声を務めたつるのは、自身の役どころについて「自分は一つのことを目指しだすと周りが見えなくなってしまうことがあるので、そこはドレッドと似ている」と明かし、「今回の映画の中で、ドレッドはとても大役で、8時間ぶっ通しで休まずに声を入れさせていただきました」と振り返ると、会場からは拍手が起こった。

アイントオークでサトシ達が出会う、幻のポケモン、ビクティニの声を務めた水樹は「以前、一度、ポケモンの劇場版に人間の役で出演したことはあるんですけど、ポケモンとして、しかもタイトルになっている主役のポケモンの役!(ビクティニの鳴き声)『ティニ』という言葉だけで感情表現をしないといけない難しさを改めて感じました」と苦労もあった様子。ビクティニの好物がマカロンということから「ビクティニをやってから、現場でいただく差し入れが、すべてマカロンになりました(笑)。食べ過ぎに注意したい」と、思わぬ差し入れに驚き。5作連続で“ポケモン”ムービー出演の中川は「14年前の夏、友達がいなかったけれど、夏休みにポケモン映画を見て、子供ながらに感動したことを思い出します!嬉しさと興奮と感動で涙する。ポケモンから今まで人生でどれだけ勇気と優しさと感動と大人になるための経験値をいただいたことでしょう!今、走馬灯が人生を巡っております!ピカチュウ様ありがとうございます!」とポケモン愛を語った。ポケモンゲームの総プレイ時間は1000時間を超えているそうで、「命の次に、ポケモンのソフトが大事」と宣言。ポケモン映画皆勤賞。14作連続、毎回違う役で“ポケモン”ムービーに出演している山寺は「いろんな役をやれるのは嬉しい!最初は、ミュウですからね」と、ミュウの声を披露し、会場を沸かせた。

『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと白き英雄 レシラム』と本作の邦画アニメ史上初の2作品同日公開となった今年の“ポケモン”ムービー。4人の子供の父親であるつるのは「これから一緒に映画を見に行くんですけど、2作品同時公開ということで、お値段の方も倍かかりますね。パパ、頑張ります」と、苦笑い。主題歌は、デビューがゲームボーイソフト「ポケットモンスター赤・緑」の誕生と同じ1996年で、今年15周年を迎えたEvery Little Thingが担当している。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報