闘病中の原田芳雄は主演作の初日舞台挨拶を欠席。理由は「階段が多いため」

闘病中の原田芳雄は登壇なし。『大鹿村騒動記』初日舞台挨拶
  • 闘病中の原田芳雄は登壇なし。『大鹿村騒動記』初日舞台挨拶

原田芳雄主演、阪本順治の記念すべき20本目の監督作『大鹿村騒動記』の初日舞台挨拶が、7月16日に丸の内TOEI2で開催。大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、石橋蓮司、阪本監督が登壇。現在、腸閉塞と肺炎で闘病中の原田芳雄は、残念ながら出席できず、その理由については「階段が多い。それだけです」と、盟友でもある阪本順治監督が明るく語った。

阪本監督は、原田について「また、ヒットした折りにはヒット御礼の挨拶に来られます」と言い、「芳雄さんはやりたい企画がまだいろいろとあるようです。2月29日の誕生日にはライブをやりたいとも言ってました」と笑顔でコメント。

原田が映画化を心から切望した『大鹿村騒動記』は、長野県大鹿村で300年以上続く村歌舞伎を背景に、個性豊かな村人たちの人間模様を綴った人情喜劇だ。芸歴何十年のベテラン俳優陣と、松たか子、瑛太ら若手俳優たちの演技の化学反応が面白い人間ドラマに仕上がった。舞台となった大鹿村の村長からも感謝の手紙が届けられた。「映画の題名にまで『大鹿村』をつけていただき感謝しています。映画のヒットと共に、原田さんの元気な復活をお祈りしています」。

本作の発起人は原田ということで、参加したキャスト陣も原田の気心の知れた仲間たちである。大楠は「みんな個人的に原田宅の宴会で集まっているメンバーばかりだったので、0からではなく10から作っていけました」と語ると、岸部も「大楠さんと初めてご一緒させていただき、楽しかったです」と嬉しそうな様子だった。佐藤は「撮影が早く終わるので、諸先輩方はその後、酒宴の席でためにならない話をされてました」と毒づくと、石橋は「浩市も“同世代”で、すごく話が合いました。同世代だから」と繰り返して言うと、佐藤は「もういいっすよ」と苦笑い。松は「みなさん面白くて。こんなふうに生きていけたらどんな気分だろうと」と、笑いながら語った。

最後に阪本監督は、原田の代わりに力強くこう語った。「芳雄さんは、これから人を明るくする映画をやっていきたいとおっしゃってました。本作がヒットした暁には、また人を明るくする映画で組ませていただきたい。本作で、大人が真剣に遊ぶおかしみを満喫して帰ってください」。

原田は目下、闘病中だが、人情喜劇の映画ということで、舞台挨拶は終始笑顔だったゲスト陣。最後のフォトセッション時には全員がはっぴに着替え、劇中でもやる“お手打ち(三三七拍子)”をやって元気いっぱいに締めくくった。きっと原田も、今日の愉快な舞台挨拶の様子を知れば、喜ぶに違いない。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報