『仮面ライダーオーズ』と『ゴーカイジャー』の舞台挨拶で、暴れん坊将軍とオーズの共演映像解禁

『仮面ライダーオーズ』と『海賊戦隊ゴーカイジャー』の劇場版最新作の完成披露試写会が開催
  • 『仮面ライダーオーズ』と『海賊戦隊ゴーカイジャー』の劇場版最新作の完成披露試写会が開催

『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』と『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船』(両作とも8月6日公開)の完成披露舞台挨拶が、7月19日に丸の内TOEIで開催。仮面ライダーオーズの主題歌「手をつなごう マツケン×仮面ライダーサンバ」のプロモーション映像も流され、暴れん坊将軍と仮面ライダーの共演シーンに会場は大ウケ! その後、仮面ライダー40周年、スーパー戦隊35作記念を祝したアニバーサリーの氷のオブジェクトと共にフォトセッションを行った。

まずは『海賊戦隊ゴーカイジャー』から、小澤亮太、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、池田純矢、ささきいさお、堀江美都子、松原剛志が登壇。記念すべき戦隊シリーズ第1作目「ゴレンジャー」の主題歌を手がけたささきは「あっという間に35年!」と挨拶。「35周年の記念作品ということで、幽霊の声と歌をやらせていただきました。35作、よく同じような色とりどりの作品を考えられたなあと。つけている題名も実に面白い」。また、当時、ささきと共にデュエットした堀江美都子は「シリーズのDNAはずっと受け継がれているんですね。ご家族で楽しんでほしい」とコメントした。ゴーカイレッド役の小澤亮太は「ド派手なアクションと、絆が見どころです。ヒーローが元気を与えられたらと」と笑顔で語った。

『仮面ライダーオーズ』からは渡部秀、三浦涼介、高田里穂、岩永洋昭、松平健、柴崎貴行監督、主題歌の振り付けを担当した真島茂樹が登壇。暴れん坊将軍・徳川吉宗役の松平健は、「江戸時代と現代の人間が協力し合い、思いあって悪いヤツらを倒す。小さい子供に時代劇に触れてもらえる良い機会です」と語った。また、仮面ライダーオーズ役の渡部秀は「ネタバレはつぶやかないでください(苦笑)。皆さんがこの映画を見て笑顔で帰っていただければと」と締めくくった。

『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』と『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船』の前売券は、7月19日現在で既に20万枚を突破! 大作ひしめく夏休み映画の中で、これからどのくらい数字を伸ばしていくのかも楽しみだ。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報