かつてない味わいと香り! 噂の「いちごチーズ鍋」

いちごチーズ鍋
  • いちごチーズ鍋

冷え込む日が続く鍋料理の季節。名古屋・伏見の「隠れ家Dining 堀川小町」でユニークないちごチーズ鍋が話題となっている。果物と肉は相性がいいという洋食出身のオーナーならではの発想から生まれた新感覚メニュー。イチゴとチーズ、そして和風鍋の具材が三位一体となるよう試行錯誤を重ね、ついに完成させたという。

さっそく食べてみた。気になるイチゴは香りの強さに反して、味への影響は少なめ。控えめな甘酸っぱさが、チーズや和風ダシとちょうどよいバランスに。鶏肉や白菜との相性もよく、いろんな意味で意外性を楽しめる鍋だ。

カツオが効いた和風ベースのダシにはイチゴとたまり醤油をブレンドした秘伝のソースを投入。イチゴの酸味とチーズのコクが鍋定番の具材と意外なほどよく合う。シメはスタンダードにおじやで。さまざまななうま味が溶け込み、いっそう複雑で斬新な味が最後に楽しめる。

堀川を眺めながら、プライベート感たっぷりの和空間で和洋折衷の創作料理が楽しめる。創作鍋、創作串揚げなど個性的な逸品が多くそろう。

いちごチーズ鍋は1人前1450円で2人前からオーダー可。営業時間は11:30〜13:30(土日祝は予約制)、17:30〜24:00(LO23:00)、日曜は〜23:00(LO22:00)。【東海ウォーカー】

※情報は08年12月15日現在のものです

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報