映画

『ヒミズ』に渡辺哲、吹越満、神楽坂恵など園子温監督作品常連キャストが集結!

MovieWalker 2011年7月22日 15時00分 配信

すべての写真を見る(8件)
古谷実の人気原作漫画を、園子温監督によって実写映画化する『ヒミズ』(2012年春公開)に渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、黒沢あすか、でんでんが出演することがわかった。

今回発表されたキャストは、いずれも過去の園監督作品で強烈なインパクトを残してきた、ひと癖もふた癖もある個性派俳優たちだ。主人公の貸しボート屋に集まる中学校の同級生が、園版『ヒミズ』では、家を持たない、大人の自由人として描き変えられ、世の中の不条理さがより刻銘に描き出される。この自由人たちを演じるのは、『冷たい熱帯魚』(11)での強烈な演技が記憶に新しい、渡辺、吹越と、『恋の罪』(11月公開)でも、その色香を惜しみなく披露している神楽坂。本作のオファー時を振り返り、渡辺は「『冷たい熱帯魚』の現場が楽しかったので、また園組に参加できるのはラッキーだなと思いました」と、その時の心境を明かす。今作で初の原作実写化に挑む園監督だが、吹越は「オリジナルかと思うほどぴったりな世界観。園子温が園子温の映画を撮っていたとしか言い様がない」と断言した。

主人公・住田祐一(染谷将太)の青春をどん底に叩き落とすきっかけとなる父親を光石研、住田を捨て、男と逃避行する母親を渡辺真紀子が演じる。また、原作には登場しなかった茶沢景子(二階堂ふみ)の母親を、実写版では黒沢あすかが演じる。『冷たい熱帯魚』で冷酷非道な連続殺人犯を演じたでんでんは、住田から金を取り立てようとする、やくざの金子役だ。

原作とはひと味もふた味も違った、新たな『ヒミズ』の世界観に期待したい。【Movie Walker】

ヒミズ

2012年1月14日(土) 公開

「行け!稲中卓球部」の漫画家・古谷実が、ギャグ路線を封印して描いた同名問題作を、『恋の罪』の鬼才・園子温監督が実写映画化。“ある事件”によって運命を狂...

関連記事

おすすめ情報