『ブラック・スワン』効果は絶大! ニューヨークでバレエブームが到来

作品人気でバレエがブーム! 映画の影響力はまだまだ侮れない
  • 作品人気でバレエがブーム! 映画の影響力はまだまだ侮れない

ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を受賞した『ブラック・スワン』(公開中)の影響で、バレエ人気が加速しており、ヨガが主流のニューヨークでも、エクササイズ代わりにバレエを始める人が急増しているらしい。

ナタリーの婚約者ベンジャミン・ミルピエが所属するニューヨーク・シティ・バレエとアメリカン・バレエ・シアターの本拠地であるニューヨークでは、小さい頃からプロを目指してレッスンを始める子供たちも多いが、エクササイズの一環としてバレエを習い出す大人が増えている現象についてニューヨーク・タイムズ紙が報じたが、ヨガを止めて、バレエを習い始める人たちも多いという。

地元紙AM.PMによれば、実際に、同作で振り付けの指導をしたニューヨーク・シティ・バレエに所属していた元バレリーナのメアリー・ヘレン・ボワーズは、個人向けのプロ養成クラスのほかに、今年5月からマンハッタンにスタジオを開き、独自のエクササイズでお腹や太もも、腕の筋肉などを鍛える初心者向けレッスン、30分25ドルや、1時間40ドルのクラスを始めたところ、モデルや一般人からも人気を博しているという。また大手チェーン店が、バレエのクラス数を増やしたり、近々マンハッタンに新たなスタジオをオープンさせるほか、バレエのエクササイズを取り入れるスポーツクラブが出現するなど、実際にバレエブームが起きている。また、6月下旬に行われた、アメリカン・バレエ・シアターの『白鳥の湖』も、もともと人気の演目ではあるものの、例年よりチケットが早々に売り切れる盛況ぶりだった。

もちろん、この傾向はカリフォルニアなどでも見られ、ナタリー・ポートマンの名前入りで宣伝された割引のバレエ体験クラスには、数時間で2000人以上が殺到する人気ぶりだったとか。一筋縄ではいかないバレエフィーバーがいつまで続くかわらかないが、やはりアカデミー賞効果は絶大のようだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報