小田和正などの名曲を使用したショートドラマ配信開始!

『woh woh』でのワンシーン。吉高由里子の演技に注目!
  • 『woh woh』でのワンシーン。吉高由里子の演技に注目!

「ミュージック」と「ドラマ」が合体したショートドラマ「ミュードラ」、待望の第3弾の先行配信が1/19よりスタートした。今回の作品は、映画『蛇にピアス』で第51回ブルーリボン賞新人賞を受賞し、今最も注目の実力派若手女優の吉高由里子が主演で、小田和正の代表曲「woh woh」をテーマ曲にした『woh woh』(全3話)。そして、フジテレビ系ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」で一躍有名になった山本裕典が主演で、徳永英明が歌うEvery Little Thingの「Time goes by」をテーマ曲にした 『Time goes by』(全3話)の2作品。

『woh woh』は、彼氏に振られたばかりの瞳(吉高由里子)が、とあるハンバーガー屋に入り、友人に彼女を奪われた経験を持つ店員(永山絢斗)と出会い、恋が始まるという内容となっている。

また『Time goes by』は元カノの加奈(佐々木希)に別れを告げたことを内心後悔していたバーのマスター 圭介(山本裕典)のもとへ加奈が新しい彼氏を連れて来たことから恋が展開していく内容となっている。

それぞれの回にはクライマックスがあり、その一番盛り上がった瞬間から(ラスト40秒〜1分程度)ドラマの“主題歌”として小田和正、徳永英明の楽曲がそれぞれ流れ、ドラマの感動と音楽の感動を一体化させている。

制作は『HERO』や『ガリレオ』『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』など多くの人気ドラマを生んだフジテレビドラマ制作センターが担当。“愛してると言った瞬間”や“最愛の彼女が振り向いた瞬間”など「ドラマの一番の感動ポイントで主題歌がスタートする」という数々の主題歌ヒット曲を生み出した“必勝方程式”を活用しており、観る人をより大きな感動へと導くであろう。

『woh woh』、『Time goes by』の2作品は只今、iTunes Storeやフジテレビ On Demandから配信限定で販売中である。ドラマを盛り上げた名曲を耳にすることで、それぞれの印象的なシーンを鮮やかに思い起こすことができ、ふたたび感動がこみ上げてくる、そんな「ミュードラ」シリーズから今後も目が離せない!

キーワード

[PR] おすすめ情報