桐谷美玲と共演者・三浦貴大らの仲の良さに監督「こっちが妬けちゃう」とジェラシー

『乱反射』『スノーフレーク』のプレミアム試写会に登壇した桐谷美玲と谷口正晃監督
  • 『乱反射』『スノーフレーク』のプレミアム試写会に登壇した桐谷美玲と谷口正晃監督

2本同時上映となる、小島なおの歌集を映画化した『乱反射』と、函館を舞台にした青春ミステリー『スノーフレーク』(8月6日公開)のプレミアム試写会が7月27日、シブゲキで行われ、主演を務めた桐谷美玲と、谷口正晃監督が登壇した。

2本立ての映画主演と聞いた時の心境を、桐谷は「『マジですか?』と思いました。見ている人が飽きちゃうんじゃないかと考えたりしましたが、せっかくのチャンスなので頑張りました。2作品の役柄が同じに見えたらどうしようかと思ったのですが、リハーサルを重ね、それぞれのメイクや髪型、年齢が違ったので、そういうところにも助けられながら演じました」と、苦労したことを明かした。桐谷の印象について聞かれた谷口監督は、「映画やドラマはもちろん、雑誌やCMで大活躍な人なので、始まる前はどうなるかと思っていたけど、終わってみれば、演技にも真摯で、とてもタフな女優さんでした。全体の撮影スケジュールがタイトで、短期間で『乱反射』を撮ってから函館に飛んで『スノーフレーク』を撮りました。僕が疲れている時も桐谷さんが引っ張ってくれる感じでした」と桐谷の存在に感謝した。

撮影中は函館のイカ素麺を9日間で5回も食べたという桐谷。『乱反射』で共演した三浦貴大と桐谷は、お互い人見知りだったが、「初めは何も話せなかったのですが、幼なじみの役なのでこのままではまずいと思い、ゲームの話をしたところ、“ゲーム好きに悪い奴はいない”ということで一気に打ち解けました(笑)」と裏話を。さらに「自転車(ふたり乗り)でおばあちゃんの家を探すシーンでは、三浦さんの脇腹をくすぐったりしたんです。『スノーフレーク』で共演した青山(ハル)さん、白石(隼也)さんとも同世代なので、お昼を食べた後にみんなでお昼寝をしたりしました」と桐谷が話すと、谷口監督は「(見ている)こっちが妬けちゃうくらいでしたね(笑)」とジェラシーを燃やした。

最後に桐谷は『スノーフレーク』の挿入歌「サヨナラまでのあいだ」を初披露。緊張した様子だったが、透明感あふれる歌声で観客を魅了した。会場を訪れていた桐谷の母親はこの日が誕生日。きっと素敵な誕生日プレゼントになったに違いない。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報