クリストファー・ノーラン監督最新作『The Dark Knight Rises』の邦題決定!

続編の邦題が『ダークナイト ライジング』に決定! 監督は前作に続きクリストファー・ノーランが務める
  • 続編の邦題が『ダークナイト ライジング』に決定! 監督は前作に続きクリストファー・ノーランが務める

ジョーカーを演じたヒース・レジャーが完成を待たずに急逝するなど、様々な話題を振りまいた『ダークナイト』(08)。待望の続編がいよいよ北米で2012年7月20日(金)、日本でも夏に公開される。今回、本作の邦題が『ダークナイト ライジング』に決定!

先日、全米で解禁された予告編では、新たな悪の登場により、前作で罪を被り、闇に消えたバットマンの復活を望むゴードン警部のシーンが挿入されており、タイトルの『ライジング』(=日が昇る)は、闇に消えたバットマンが再び帰ってくることを暗示しているかのようだ。

主演はバッドマン、ブルース・ウェイン役にクリスチャン・ベール。そのほかのキャストとしてマイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンのおなじみの俳優陣が顔をそろえる。さらに、キャット・ウーマン、セリーナ・カイル役にアン・ハサウェイ、ベイン役にトム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットと、残念ながらレオや渡辺謙は出演しないものの、『インセプション』(09)組の再結集も注目の一つとなっている。

『ダークナイト ライジング』の日本公開は2012年夏予定。監督は前作『ダークナイト』に続き、クリストファー・ノーランが務める。大いに期待したい。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報