ジャッキー・チェン100作目公開記念「大成龍祭2011」で『プロジェクトA』を復活上映

『1911』の公開を記念して開催中の「大成龍祭2011」で『プロジェクトA』が一夜限りの上映
  • 『1911』の公開を記念して開催中の「大成龍祭2011」で『プロジェクトA』が一夜限りの上映

構想10年、製作費30億円をかけたジャッキー・チェン出演100作目となる『1911』が11月5日(土)に公開を迎える。

その公開を記念した特別企画「大成龍祭2011」が現在開催中だ。「大成龍祭2011」とは、ジャッキー・チェン(成龍)の偉業をたたえ、彼のこれまでの出演作31作品をTOHOシネマズ六本木ヒルズと名古屋ベイシティの2劇場で上映するもの。4月から始まり、本作『1911』が公開される11月まで毎週(東京は日曜日、名古屋は土曜日21時)開催している。

この「大成龍祭2011」で、1984年2月に日本で公開された『プロジェクトA』を一夜限定で復活上映されることが決定した。『プロジェクトA』は、その年の洋画興収第3位という素晴らしい成績を収め、ジャッキー・チェンが自ら監督・出演を務めた。復活上映は7月31日(日)の一夜限りで、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映される。上映当日は日本のファンへジャッキー・チェンからのコメント映像や、『1911』の特別映像の上映も予定しているので、是非ともこの機会に劇場へ足を運んでもらいたい。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報