禁断の恋の行方は?トワイライター必見『トワイライト・サーガ』最終章前編の特報が公開

ついにクライマックスを迎える『トワイライト』シリーズ。その特報が公開に
  • ついにクライマックスを迎える『トワイライト』シリーズ。その特報が公開に

ステファニー・メイヤーの原作本が全世界で1億冊を売り上げ、映画シリーズの世界累計興行収入が18億ドル(約1450億円)を突破している『トワイライト』シリーズの最終章前編『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1』(2012年2月25日公開)の特報動画が公開された。

到着した映像からもわかるように、本作で人間の少女ベラ(クリステン・スチュワート)とヴァンパイアのエドワード(ロバート・パティンソン)との禁断の恋は遂にクライマックスを迎える。「この結婚が全てを変える」という言葉通りに、ジェイコブはべラとエドワードの結婚式の招待状を受け取ると、怒りが極限に達して巨大なオオカミの姿に変身して走り出してしまう。一方で、今まで清い交際を貫いてきたベラの体に“不滅の子”と呼ばれる、決して作ってはいけない危険な子が宿る。ベラとエドワードの子は、世界中のヴァンパイア、オオカミ族、そして人類の運命を変えてしまうのか。ベラとエドワードの結婚、そして妊娠・出産までが描かれ、物語が最も大きく展開していく本作。トワイライターたちは本作公開をうずうずしているだろうが、残念ながら公開はまだまだ先。まずはこの特報を見て、公開を待ちわびてもらいたい。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報