AKB48・大島優子がイチゴ柄やヒマワリ柄のキュートな振袖を初プロデュース

伝統柄の桜を今風にアレンジし、和を意識した振袖「万寿菊」。
  • 伝統柄の桜を今風にアレンジし、和を意識した振袖「万寿菊」。

8/1(月)ウェスティン都ホテル京都にて、ブライダル和装商品製造卸会社である西善商事株式会社による、人気アイドルグループ「AKB48」の大島優子が初めてプロデュースした振袖の発表イベントが行われた。本イベントでは、ストライプ柄の帯やいちご柄の振袖など個性的なものから、大人っぽさが感じられる黒や古典的柄の振袖まで、大島優子が独自のファッションセンスで選んだ24点の成人式用振袖が披露され、大島優子自身もモデルとして登場。

この日、大島優子は、ピンクと緑の色合いが元気な「花くす玉」、日本の伝統を感じさせる「松と鶴」、色鮮やかなオレンジ色が特徴の「万寿菊」の3作品を着てステージを歩き、会場をわかせた。「どの振袖にも愛情がこもっている。故郷・栃木名産であるイチゴ柄を取り入れた『バラと苺』や、大好きな花であるヒマワリ柄を取り入れた『バラと蘭』など、それぞれいろんな意味がこめられている」と自身がプロデュースした振袖に込めた思いを語った。

また、以前に経験した、大島自身の成人式について聞かれると「大人への仲間入りを意識して今までにあまり着たことのないエメラルドグリーンの色の振袖にチャレンジした。みんなにも着たことのない色にチャレンジしてほしい」とコメント。

最後に「AKB48はサプライズを手がけるグループ。私も皆さんにサプライズを与えれるように、いろいろ活動していきたい。」と今後の活動の抱負を語った。

なお、大島優子プロデュースの、西善商事の新ブランド「Oshima Uco」は2011年12月より全国の貸衣装店、呉服店、結婚式場、写真スタジオ等で販売、レンタルされる予定だ。

【関西ウォーカー編集部/森 智美】

●西善商事株式会社のホームページはこちら
http://www.nishizen.co.jp/

キーワード

[PR] おすすめ情報