吉川晃司の歌と布袋寅泰のギターに10万人が熱狂! “COMPLEX”が東京ドーム2days

吉川晃司と布袋寅泰の伝説のユニット・COMPLEXが“日本一心”と題したチャリティーライブを開催。夢のようなステージにファンは感動!
  • 吉川晃司と布袋寅泰の伝説のユニット・COMPLEXが“日本一心”と題したチャリティーライブを開催。夢のようなステージにファンは感動!

吉川晃司と布袋寅泰による伝説のユニット“COMPLEX”が、東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーライブのため約21年の時を経て復活。7月30日、31日の2日間で約10万人を動員して“日本一心”と題した東京ドームライブを行った。

初日となった30日、オープニングで当時の懐かしいライブ映像などがスクリーンに次々と流れると、東京ドームにはウォー! という地鳴りのようなどよめきが沸き起こった。1曲目の「BE MY BABY」のイントロと共にそれぞれステージの両端に現れた吉川と布袋は、次第にステージのセンターに歩み寄りガッチリ握手。スクリーンにはそんな二人の表情が映し出され、ドームにはいっそう大きなどよめきと拍手が鳴り響いた。

「BE MY BABY」で幕を開け、ダブルアンコールで披露した「AFTER THE RAIN」まで、この2日間の構成は'90年11月8日の活動休止の東京ドーム公演とすべて同じ21曲。MCは吉川が序盤に「こんばんは、COMPLEX です。きょうは東日本大震災被災地復興支援に賛同し、集まっていただき、どうもありがとうございます。日本一心と掲げた旗の下、今俺たちは同じ志を持つ同志になりました。同志諸君、共に今夜は大いに歌って踊ろうぜ! よろしく頼むぜ!」と語ったのみ。布袋はメンバー紹介で吉川の名前をコールしたのみというほど、発する言葉は少なかったが、本公演発表の際に吉川がコメントした「彼がギターを弾き、俺が歌う。ただそれだけのこと。されどそれだけのこと」という言葉通り、二人の真摯(しんし)な思いと、それに賛同して集まったバンドメンバーやスタッフ、ファンの心が一つになる瞬間が何度も感じられたライブだった。

義援金の寄付先は「今後、2人で検討を重ね、最良の選択をしていきたいと思います。併せて、継続した支援を今後も続けていきたいと考えております」とのことで、決まり次第、吉川と布袋それぞれのオフィシャルホームページで随時発表される。

なお、7月30日のライブの模様は、8月7日(日)にWOWOWにてオンエア。また、ライブパンフレット付きのライブDVDが11月21日(月)よりローソン限定販売にて発売されることも決定している。ライブDVDの販売の収益の一部は東日本大震災の復興、復旧のために寄付される。

■オンエア情報
「COMPLEX 東京ドームLIVE~日本一心~」
8月7日(日)夜10:30~0:00 WOWOWで放送
【WOWOW公式サイト】
HPwww.wowow.co.jp/complex

■DVD情報
「KOJI KIKKAWA×TOMOYASU HOTEI COMPLEX 20110730 TOKYO DOME LIVE DVD」
11月21日(月)よりローソン限定販売


【吉川晃司オフィシャルサイト】
HPwww.kikkawa.com/
【布袋寅泰オフィシャルサイト】
HPwww.hotei.com/

キーワード

[PR] おすすめ情報