「サロン・デュ・ショコラ」は世界最高峰の“M.O.F.ショコラティエ”に注目!

マストバイチョコはこれ!フランク・ケストナーの「ショコラ詰合せ」18個入3885円
  • マストバイチョコはこれ!フランク・ケストナーの「ショコラ詰合せ」18個入3885円

もうすぐバレンタイン・デー。伊勢丹新宿店では、1/21(水)〜26(月)の期間、パリ発、チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」が上陸する。日本での開催は7回目となる今回は“ショコラとアート”がテーマ。日本初登場や初出店を含めた、世界最高峰のチョコレート全65ブランドが集合する過去最大規模の祭典となる。

中でもオススメなのは、“M.O.F.ショコラティエ”のチョコレート。“M.O.F.”とはフランス国家最優秀職人を示しており、フランスでも18人しかいない国が認めたショコラティエだ。

そんなM.O.F.ショコラティエの中で最も注目されているのが、サロン・デュ・ショコラ初来場となる若手ショコラティエ、フランク・ケストナー氏。素材の香りを自在にあやつる同氏の作品はヒマワリの種子入りやパッションフルーツ、新作プラリネ2種を加えた「ショコラ詰合せ」(18個・3885円)。ローリエやタイムなどが層になって広がる、個性的な香りが特徴だ。

フランク・ケストナー氏の師匠でM.O.F.ショコラティエのファブリス・ジロット氏も来場。代表作「テロワール ド ブルゴーニュ」(8個・3885円)はビターテイストのショコラコーティングの中に、花の香りをつけたガナッシュで果実ジュレをサンドしたもの。そのほか、3種類のガナッシュに同じ産地の花とフルーツのジュレを組み合わせた「花のテーマ09」(8個・3885円)も。果実とチョコレートのマリアージュにも注目して。

素材の豆からこだわるM.O.F.ショコラティエ、フィリップ・ベル氏は初来場。ブランドロゴのデザインをはじめ、一つ一つ味や形が違う「ショコラ詰合せ」(12個・3885円)はシンプルながらもカカオ本来の味が楽しめる。新作を含む個性的なボンボンも3種入っている。

今回初登場の実力派はクリスチャン・カンプリニ。ヨーロッパ屈指のリゾート・モナコの一流ブランドが特別ギフトとして用いるほどの名匠のチョコレートは、岩塩や香辛料入りなど個性的な刺激が楽しめる。「ショコラ詰合」(4個・1680円)で、まずはイベント初登場のショコラティエの作品を味見してみて。

普段日本で買うことができないM.O.F.ショコラティエのチョコレート。世界のベストショコラの中で、あなただけのお気に入りの1品を見つけてみては。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報