渡り廊下走り隊7「へたっぴウインク」なメンバーは?

新曲発売記念ライブを開催した渡り廊下走り隊7
  • 新曲発売記念ライブを開催した渡り廊下走り隊7

AKB48からのスピンオフユニット・渡り廊下走り隊7がニューシングル「へたっぴウィンク」の発売を記念して、ライブハウス「nicofarre」でライブ&トークイベントを開催した。

イベント前に行われた記者会見では、渡辺麻友が「今回の曲は、好きな男の子に気持ちを上手に伝えられなくて、下手っぴなウインクでアピールするというちょっと切ない感じの恋の歌で、メロディーが夏らしくてかわいくてメンバーもお気に入りの一曲です!」とPRし、「久しぶりの新曲ということでメンバー全員はりきってます!」とアピールした。曲のタイトルにちなみ「ウインクは得意ですか?」との質問に仲川遥香は「わさみん(岩佐美咲)と、まゆゆ(渡辺)と、こもりん(小森美果)が苦手で、下手っぴウインクですね(笑)」と笑顔で答えた。

全面の壁にLEDが施してあり、さまざまな演出が可能な同ライブハウスについて渡辺は「『へたっぴウィンク』のPVのセットと同じ背景がLEDの絵で表わされていて感動しました。歌ってる途中にも歌詞が出てきたりして、とってもかわいい」と大満足な様子で「この会場のこけら落としの時にAKB48として出演させていただいたんですが、ネット配信で見ている人の『ヘビロテ来た~!』とか『まゆゆ、まゆゆ』といったコメントが文字で流れたりして、歌ってる時に気になっちゃって、つい見ちゃいますね」と感想を。

また、渡り廊下走り隊から2人増員して、渡り廊下走り隊7となって1年が過ぎたが、渡辺は「以前に4人から5人に増えたことを経験していたので、2人増えると聞かされた時は、楽しみな気持ちの方が大きかったですね」と振り返り、「実際、こもりんとわさみんが入ってきても、すんなり自然と仲良くなりました」と明かした。また、平嶋夏海は「2人とも、もともとの5人にはいなかったキャラクターだったので、うまくキャラも被らず、楽屋がさらに楽しくにぎやかになりました」と明かした。一方、小森は「入った時は、旧チームBのアンダーでメンバーの皆さんと面識はあったので、ぎこちなさも無くすぐに仲良くなりました」と話し、岩佐は「みんなと一緒に仕事をしていくうちに、アイドルとしてすごいなって思うところがたくさんあって勉強になるなって思っています」と告白した。

最後に、メンバーを代表して渡辺が「これからやるライブもはりきって楽しむぞ!」と号令を掛け、全員で「おー!」と意気込みを見せた。

シングル「へたっぴウィンク」
初回盤A(CD+DVD)1700円 発売中
初回盤B(CD+DVD)1700円 発売中
初回盤C(CD+DVD)1700円 発売中
通常盤(CDのみ)1200円 発売中
ポニーキャニオン

キーワード

[PR] おすすめ情報