タカシマヤでショコラの祭典! 日本初上陸のジェナヴェに注目

日本初 ジェナヴェ・ルクセンブルグ
  • 日本初 ジェナヴェ・ルクセンブルグ

ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区)では1/28(水)よりショコラの祭典「アムール・ド・ショコラ」を開催する。

ミッシェル・ブランやミカエル・アズーズほか世界のトップショコラティエのタカシマヤ限定商品など、同店でしか買えないチョコが揃う。テーマは“本格志向”。「ルレ・デセール、M.O.F.などショコラの本場フランスで認められた職人たちの逸品や、世界の有名ショコラトリーのスペシャリテを集めました」と広報の坂口麻紀子さん。

日本初登場となるジェナヴェ・ルクセンブルグのフロランタン(6個1575円)はチョコレートの祭典「サロン・ド・ショコラ(パリ)」で06年最高賞をとった女性職人の一品。約150年の歴史を持つドイツの老舗ブランド・モスト(名古屋初)からは、手作りにこだわった味わいが自慢の「パディーシャ トリュフラブボックス」(9個3780円)がおすすめだ。

パティシエの世界大会「クープ・ド・モンド」初代優勝者ミカエル・アズーズが手掛ける「AZコレクション」(10個3150円)は、柚子や醤油を使ったショコラなどが入った究極のセット。オーガニック野菜を使用したスイーツ専門店・ポタジエによる「ポタジエショコラ」(6個1890円)はニンジン×ユズ、サツマイモ×オレンジなど、絶妙な組み合わせで野菜本来の味・色・風味が楽しめる(300箱限定)。

地下1階でも限定アイテムが登場する。開催時間は10:00〜20:00(最終日は〜17:00)。【東海ウォーカー】

※情報は1/9現在のものです

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報