ミントガムからメンズ向けまで!ユニーク入浴剤が充実

おにぎり入浴剤「和ごころおにぎり」とラーメン入浴剤「元祖!風呂麺屋 ぽかぽかラーメン」
  • おにぎり入浴剤「和ごころおにぎり」とラーメン入浴剤「元祖!風呂麺屋 ぽかぽかラーメン」

寒い外から帰ってくると、あったかいお風呂に入ってゆっくりと体を温めたくなるもの。そんなバスタイムをもっと楽しむためのユニークな入浴剤がいろいろと登場中。昨年から、食べ物をモチーフにしたバスボムや入浴剤が増えているが、ことしはそのバリエーションがさらに充実してきた。

ロッテの雪見だいふくと見間違えそうな入浴剤「雪見だいふく入浴剤」(¥280)。ミルクの香りが濃厚で、雪見だいふくのパッケージをもとにしたマスコットが1種類付く。大きなチュッパチャップス型の「チュッパチャップスバスボール」(¥399)は、チュッパチャップスのマスコット入りで、お湯か水で色が変わるほか、暗闇で光るタイプもある。

さらに、マルカワのフーセンガムやロッテのクールミントガム、チロルチョコmilkなど、お菓子のパッケージデザインそのままの入浴剤も多数販売されている(各¥231)。チロルチョコmilk風呂ならミルクチョコの香りで、ミルキーホワイトの色。COOL MINT風呂ならクールミントの香り、色はクリアブルーといった具合に、本物そっくり。

バスボムを入れると中からフィギュアが出てくるタイプでも、食べ物をモチーフにしたものが数多く登場。おにぎり型のバスボールには、おにぎりの具材(梅干しや鮭など)のフィギュアが入っていたり、ラーメン(乾麺型)タイプには、チャーシューやメンマが、おでんの卵型には、こんにゃくが入っていたりと、さまざまな趣向をこらしたアイテムがそろう。

さらに注目したいのが男性をターゲットにしたもの。「モテる男の入浴剤」(¥158)をはじめ、09年大河ドラマでおなじみの直江兼続や、織田信長などの戦国武将をモチーフにした「男の生きざまシリーズ」(¥158)、あしたのジョーのイラストが描かれた「あしたのジョー燃焼風呂」(¥250)など、キャラクターを全面に打ち出した商品が多い。「シーラン マグマおやじ」(¥294)といった、男の疲れ、男の髪、男臭さ、男の余分脂に効く入浴剤まである。

これまでは、入浴剤=癒しで、圧倒的に女性をターゲットにした商品が多かったが、男性を意識したアイテムや、食べ物をモチーフにした商品が続々と増えて、入浴剤市場も様変わりしている。これまで、カラスの行水だった人も、これを機会にゆっくりと湯船に浸かって、日々の疲れを癒してみては。【九州ウォーカー/大野有加】

キーワード

[PR] おすすめ情報