サミュエル・L・ジャクソンが残虐過ぎる尋問官に! 直視し続けられたら、あなたはドSかも!?

衝撃映像をあなたは直視できるだろうか?
  • 衝撃映像をあなたは直視できるだろうか?

サミュエル・L・ジャクソン主演、核爆弾を仕掛けたテロリストと彼に自白を迫る尋問官との狂気じみたやりとりを描く『4デイズ』(9月23日公開)の衝撃映像が公開された。

国内に核爆弾を仕掛けたテロリストの元に送り込まれた尋問のスペシャリスト“H”(サミュエル・L・ジャクソン)は、国家を守るため、自ら悪役に徹し、あらゆる手段の尋問でテロリストを追い詰める。様々な器具を使用し、残虐な拷問を仕掛けるのがH流だ。指を切断するなんて序の口。痛みに悶えながらも、なかなか口を割らないテロリストに対して、尋問は徐々にエスカレートしていく。

今回公開された約5分に及ぶ映像では、非人道的なH流の拷問の様子が垣間見られる。テロリストの手には、指を一本ずつ大きく広げさせる器具が設置され、Hが尋問を始める。顔が強張るテロリストの傍らで、Hは斧を握り締める。思わず、目を覆いたくなるような光景が待ち受けていることが想像できるシーンとなっている。果たして、あなたは超ドSな“H”の拷問シーンに耐えることができるだろうか? この続きは是非とも劇場へ足を運んで、度胸試しをしてみてはいかがだろうか。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報