天ぷらにカルパッチョ!?“イチゴフード”が話題

しょっぱい×甘酸っぱいの共演!麻布十番 パテ屋「イチゴのコース」(3500円)
  • しょっぱい×甘酸っぱいの共演!麻布十番 パテ屋「イチゴのコース」(3500円)

イチゴ天ぷらにイチゴカルパッチョ、さらにはオードブルからメイン、デザートと全てイチゴを使ったイチゴのコース料理まで!? 東京駅で、2/9(月)〜22(日)に一風変わったイチゴフードが登場する。

このイチゴフードが食べられるのは、東京駅八重洲北口のレストラン街・キッチンストリートなどの飲食店40店舗。2/9(月)からの期間限定で、福岡の「あまおう」や栃木の「とちおとめ」など有名ブランドイチゴを使用した“本格”フードが味わえるのだ。

麻布十番 パテ屋では「イチゴのコース」(3500円)が登場。メインの「ほろほろ鳥のいちごマスタード焼き いちごのリゾット」や「フォアグラのテリーヌといちごのコンポート いちごのサラダ添え」など、イチゴをたっぷり味わえるコースになっている。

そのほか、銀座ハゲ天の「いちごのミルフィーユ風天ぷら」(500円)や、沼津魚がし鮨の「白身といちごのカルパッチョ風」(980円)、旬菜遊膳 彩の「やまと豚の炙り いちごのソースで」(650円)など、聞いたことのないイチゴフードがたくさん。

「数年前から始まったのですが、実は毎年好評なんです」と話すのは、同施設広報。東京駅近くだけに、丸の内OLやサラリーマンが昼休みに食べにくることも多いそうだ。

ちなみに同施設では期間中イチゴスイーツも各店で販売。でもせっかくなら“しょっぱい”と“甘酸っぱい”が同居する、不思議なイチゴフードを味わってみては。【東京ウォーカー/白石知沙】

2/9(月)〜22(日)までの期間限定
キッチンストリート・黒塀横丁・北町ほろよい通り・キラピカ通り・グランアージュ内約40店舗で開催

キーワード

[PR] おすすめ情報