「ひみつのアッコちゃん」が綾瀬はるか主演で実写映画化!初恋の相手役は岡田将生

綾瀬はるか主演で実写映画化が決まった『ひみつのアッコちゃん』
  • 綾瀬はるか主演で実写映画化が決まった『ひみつのアッコちゃん』

1962年に少女漫画誌「りぼん」で連載開始、過去3回にわたってテレビ放送された赤塚不二夫の代表作「ひみつのアッコちゃん」が、綾瀬はるか主演で実写映画化される。

主人公はおませで泣き虫だけど、正義感の強い小学5年生の女の子アッコちゃん。鏡の精からもらった魔法のコンパクトに片手に、「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン」と呪文を唱えると希望の姿に変身する。そんな魅力的な設定が女の子の変身願望をくすぐり、爆発的な人気を集めた。「ひみつのアッコちゃん」誕生から50周年記念のアニバーサリーイヤーとなる来年2012年、遂に実写映画化となった。

本作ではメイクやおしゃれが大好きな小学5年生の女の子アッコちゃんが、魔法のコンパクトで22歳の女性に大変身、運命的な恋に落ちるという。アッコちゃんは初恋の男性のために、子供ならではの奇想天外なアイデアで、買収問題に巻き込まれた化粧品会社の危機に立ち向かう。メイクやファッション、初恋、そして魔法により叶えられる変身願望など、夢のあるエンターテインメント作品を目指す。

変身したアッコちゃんに扮する綾瀬はるかは、「魔法使いに憧れていた幼い頃を思い出します。変身願望を叶えてくれる魔法のコンパクト、そして初恋と胸がときめくような夢のある作品を皆さんにお届けしたいです」とクランクインを心待ちにしているようだ。劇中では、フィギュアスケーター、キャビンアテンダント、OL、婦人警官、バイクレーサーなど、魔法のコンパクトを使って、次々に思い通りの姿に変身する予定だといい、綾瀬のコスプレ姿に大注目だ。

アッコちゃんが憧れる初恋の相手役には、「アッコちゃんの世界観にどっぷり入り込んで楽しみたい」と意気込みのコメントを寄せた岡田将生。綾瀬と岡田は、『プリンセストヨトミ』(11)では会計検査院調査官の同僚を演じたが、本作では恋する少女とその相手という役どころになる。

10月下旬よりクランクインする実写映画化『ひみつのアッコちゃん』は、2012年9月公開を予定している。【Movie Walker】

キーワード

[PR] おすすめ情報