『スター・トレック』のザカリー・クイントが同性愛をカミングアウト

ザカリー・クイントがゲイであることをカミングアウト
  • ザカリー・クイントがゲイであることをカミングアウト

『スター・トレック』(09)でMr.スポックの役を演じたザカリー・クイントが、米ニューヨーク誌のインタビューで同性愛者であることをカミングアウトした。

これまでにも彼がゲイであるという噂はあったが、本人はその話題について語ることを好まず、昨年、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで同性愛者説について尋ねられた時も、「否定したり、肯定したりして、噂に火を注ぐのを避けたい」と明言を避けていた。その彼が今になってゲイであることを発表したくなった理由は、十代の同性愛者がいじめに苦しんでいる状況を鑑み、同性愛者としてすべきことがあると気づいたからだという。

「僕はゲイの男性として、まだしなければならない仕事がたくさんあると思った。調べなくてはいけないことや、声に出して言わなければいけないことが山ほどあると気づいたんだ。そして繰り返しになるけど、僕はゲイの男性として、それを調べてみた。そして、その周辺に絶望感があることに気づいた。だが、人間としてそれを考える時、どうしてなんだ?と思うんだよ。この不平等はどこから来ているんだ? そして、僕たちの文化や社会は、どうしてそれを深く掘り下げて調べてみようとしてないんだろう? 僕たちは、自分たちと向かい合うことが怖いんだよ」とザカリーは語ったと米ニューヨーク誌のサイトが伝えている。

ザカリー・クイントは米国の人気ドラマ「HEROES」でサイラー役を演じ、『スター・トレック』のスポック役でブレイク。新作スリラー『Margin Call』(全米10月21日公開)では、ケビン・スペイシーやポール・ベタニー、デミ・ムーアらと共演しており、2013年公開が噂されている『スター・トレック』続編でもスポック役を続投することが決定している。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報