「ドラゴンボール」&「ONE PIECE」フィギュア原型師が腕を競う注目イベントが開幕

原型師:浩貴さんが手がけた孫悟空をはじめ、多数のフィギュアが一堂に集結
  • 原型師:浩貴さんが手がけた孫悟空をはじめ、多数のフィギュアが一堂に集結

著名な原型師が、フィギュア造形の腕を競い合う人気イベント「バンプレストフィギュアコロシアム」。今回は「ドラゴンボール」のフィギュアがずらりと登場する「造形天下一武道会2」と「ONE PIECE」の人気キャラが集結する「造形王頂上決戦」という二大企画が同時に実施され、その予選投票が10月24日(月)から11月7日(月)まで、公式サイトで行われている。

本イベントを簡単に説明すると、まず「造形天下一武道会2」では6名の原型師が、「造形王頂上決戦」では12名の原型師が大会にエントリーし、それぞれが自慢のフィギュアを公式サイト上にアップする。ユーザーはそれらを見比べて、気に入った一体に投票。2週間にわたるWEB予選の結果、得票数の多かった半数のフィギュアが「ジャンプフェスタ2012」(12月17・18日開催)で行われる決勝戦に挑み、大勢の来場者が見守るなかで珠玉の一体が選び出される。

「造形天下一武道会2」では、主人公・孫悟空のほか、牛魔王やランチ、桃白白といったシリーズ初期の個性的なキャラクターが勢ぞろい! しかも大会優勝者には、バンプレストの誇る高品質フィギュアブランド「MASTER STARS PIECE」での製作権も与えられるので、フィギュアファンにとっては、イベント後の展開も大いに気になるところだ。一方の「造形王頂上決戦」では、ルフィやゾロ、サンジといった人気キャラから、ワイパーやジャンゴ、さらには戦闘後で傷ついたロブ・ルッチなど、コアなキャラクターも多数フィギュア化されていて、原作好きにはたまらない仕上がりとなっている。

また、いずれのフィギュアも「スカルチャーズ」という同社の人気ブランドから商品化されることが既に決まっている。両シリーズ合わせて18種類、コンプリートしてみる!?【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報