ウディ監督のメガネを贈られたペネロペ

メガネは特別な女の証
  • メガネは特別な女の証

ペネロペ・クルスが、ウディ・アレン監督から、彼のトレードマークであるメガネをプレゼントされたと報じられている。

ふたりが初共演を果たした「それでも恋するバルセロナ」は、各賞の助演女優賞にノミネートされたペネロペの演技が光っており、ゴールデン・グローブ賞ミュージカル/コメディ部門の作品賞を受賞。

そんなペネロペにゾッコンになったウディが、賞賛の証として自分のメガネを贈ったらしい。「私の宝物よ。とっても気に入っているわ。ウディは2つしかメガネを持っていないのに、その一つをくれたのよ」と感激しているペネロペが、同作にも出演し、これまでウディのミューズだったスカーレット・ヨハンソンに取って代わるのは間違いなさそうだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報