横浜開港150周年記念式典、市民招待者の募集がスタート!!

オリジナルショーのナビゲーターを務める谷原章介と飯島直子
  • オリジナルショーのナビゲーターを務める谷原章介と飯島直子

5/31(日)開催の「横浜開港150周年記念式典」への市民招待者の募集が、2/1(日)から受付開始される。

この「横浜開港150周年記念式典」は、数ある記念事業の中でも中心的な公式行事と位置づけられ、世界的な演出家・宮本亜門がプロデュースするもの。国や県をはじめ、安政の5か国条約締結国(アメリカ、オランダ、ロシア、イギリス、フランス)や開港都市(函館、新潟、神戸、長崎)などの関係者やなど国内外から多くの招待者を招き、パシフィコ横浜 国立大ホールで開催されるもの。

当日は、横浜の「歴史と未来」をテーマに、横浜のイメージや歌、映像などを織り交ぜた、宮本亜門作・演出のオリジナルショー「『ヴィジョン!ヨコハマ』〜未来へ。そして紡いできたもの〜」が初披露される点も注目だ。このショーは、12710件も寄せられた横浜市民によるアンケートを元に構成されたもので、オーディションを勝ち抜いた横浜市民500人も登場。谷原章介や飯島直子といったショーナビゲーターと共に式典を大いに盛り上げる。

気になる市民招待枠は、横浜市内在住・在勤・在学の人が対象。約1500席の一般観覧席と、小学生1名と保護者1名からなる子ども優先席約250組500席がある。招待希望の方は、下記応募方法を参照のうえ、ぜひご応募を。二度とない貴重なチャンスを逃がさずに!!【横浜ウォーカー】

★横浜開港150周年記念式典 横浜市民招待者募集要項

 ▼対象 

  横浜市民(市内在住・在勤・在学者)

 

 ▼公募人数 

  一般観覧席/約1500席 

  子ども優先席/約250組500席※小学生1名と保護者1名

 

 ▼募集期間

  2009年2/1(日)〜3/13(金)必着

 ▼応募方法

  官製往復ハガキに必要事項を記入の上、市民招待者募集事務局宛に郵送

  【記入事項】

   往信面ウラ⇒希望の観覧枠名(一般観覧/子ども優先)、

         応募者全員の氏名(ふりがな)、住所、性別、生年月日、

         託児所(3〜5歳)・手話通訳・要約筆記の必要、

         車イスの方はその旨を記入

   復信面オモテ⇒住所、氏名

  ※ハガキ1枚で2名まで応募可能

  ※市外在住(横浜市内に在勤・在学)者は、勤務先もしくは学校名を記入

 ▼応募先

  〒231-8001 横浜市中区太田町2-23

  「横浜開港150周年記念式典 市民招待募集事務局」宛

●横浜開港150周年記念式典

 日時/2009年5/31(日)11:00開式
 会場/パシフィコ横浜 国立大ホール
 招待者/約4000名
 主催/横浜開港150周年記念式典実行委員会
 プロデューサー;演出家/宮本亜門
 次第/第1部 式典 司会;露木 茂、山本ミッシェールのぞみ
    第2部 オリジナルショー
       「『ヴィジョン!ヨコハマ』〜未来へ。そして紡いできたもの〜
    ※「『ヴィジョン!ヨコハマ』は、同日有料上演もあり(16:30〜、19:00)
     チケットは3月下旬から主要プレイガイドで発売

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報